音楽

夜の音楽

久しぶりに、たわーレコードに行ってました。
洋楽インディーズコーナーを物色してきました。

ふぉ~これは(きっと)マニアック。
タワーレコレンジャー(笑)たちの推薦とあれば。
試聴もそこそこに、レジへと連れてゆきたくなる。


超マニアックかもしれないバンド。
アコースティックな音色が、気に入りました。

…という間に。ゆーちゅーぶにありました~。
(ジャケットの絵、末期のゴッホの自画像のよう)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

こんさーと

土曜日に、合奏団のコンサートをやりました。

無事に終わって良かったhappy01


色々ハプニングが起こったこともあり。
とにかく必死でした。


聴いて下さった方たちが。
楽しいって思って下さったことが、1番良かった。

あたたかい聴き手に。
いつも、助けてもらっております。


しばらく、呆けてるかも…typhoon

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

目指すもの

合奏団のコンサートが近づいてきました。

わくわく、ドキドキ、しつつ。
何よりも、聴いて下さる方に楽しんで欲しい。

そのためには、まず自分たちが楽むのことshine

大事な人さまの時間が、最高の時間となりますよう。
そのために、頑張りたいです。


楽器を通して。
自分の心を表現出来たら、素敵だなぁと。
思ってます。

胸のあたりに、漂っている感情を。
音色に乗せて、音として還元することが出来たら。

より、音楽の深みが増してゆく。

いまの私は、それを目指してるんですnote


最近ちょこっとだけ。
気持ちが、自分が表現できてきてるかも。

どんな場所でも相手でもこれが、私の音楽なのです、と。
そういうプレイヤーになることを目指してきた先生。

私も、いつか、先生のように。
舞台の上で、自分の色に染まって。
奥深い音色を弾けるような、奏者になりたい。

ヴァイオリンに心が宿ってるように。

いつの日か…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

しんけん勝負☆

今日は、メイの学校で。
リコーダーの演奏をしてきました。

はぁ~久しぶりに、めっちゃ緊張したsweat01

3年生180名の前で演奏するのも初めてだし。

姉っちの家族が、風邪で危機的な状態だったし。

色んな意味で、崖っぷちでした。
(いつもだいたい、スレスレなんだけど)

だがしかし。
本番になれば、どうにかなっちゃうのだsign03
(20年の歴史上、そうなのです)

3年生のみんなは、とっても真剣に聞いてくれて。
パフという曲を、一生懸命に演奏していて。
良い時間を過ごすことが出来ました。


ちょこっとでも。
リコーダーって楽器が好きになってくれたら。

嬉しいなheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

トリオだけどヒトリ

大橋トリオさんの、優しい歌声に癒されますshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

アントニオの歴史

って、ヴァイオリン君のことです。

今日は、実に3年ぶりに。
アントニオのメンテナンス(調整)に行きましたnote

楽器のコマ(という部分)が、随分と曲がってしまってました。
そのままの状態で弾き続けてたので。
よけいにひどくなってしまったそうですsweat01
(もっと早くに行けば良かったね、すまん)

工房の先生は、いかにも職人という感じで。
黙々と、アントニオを治してくれました。

弓の毛がえもし、弦も全部新しいものに替えました。

そーしーて。
弓をおかりして、アントニオを弾かせてもらったところ。

めっちゃタッチが軽い~happy02


弓の毛の中央に、補助用の小さい棒がついてました。
毛がえから2時間半後に、絶対に取らないといけません。

そして、新品の毛には、丹念に松やにを付けます。
(弦と毛についている松やにとの摩擦で音が出るのです)

そして、替えたばかりの弦は、すぐに音程が変わってしまう。
何度も弾いては、微調整してゆきます。
(1週間ぐらい音程は安定しません)

家に帰ってからは、松やにをつけて、微調整をしました。

まだ、弦が楽器になじんでないので。
尖がった音がしてますが、数週間もすれば、大丈夫そう。


Violinkouzou 



私がアントニオと出会ったのは、1997年。

始めて5年ぐらいは、音も満足に出せず。
楽器の仕組みもよくわからず。

弦を変える程度しかしてなかった。

毛がえを初めてしたのは、何と7年目ぐらい!
すっかり、ボロボロになってました

ずっと、楽器を買ったところの工房に行ってましたが。
どうも合わなくて、途中で変えることになりました。
(そこは、音の大きさ、華やかさのみを重視してました)

あの頃から、もっと柔らかいタッチを求めるようになってました。
近場の楽器店でコマを削ってもらったり。
そこで100万もするヴァイオリンをかりて弾いたり。

右往左往すること、1年…sad

結局、削ってしまったコマは、使い物にならず。
しかも削った楽器店は、ヴァイオリンの知識が乏しく。

どうやら、新調しないといけない。
(コマは楽器の要、もちろん手作りだし、高いんだ~coldsweats01

もちのろん、私に100万の楽器など買える資金もない。
どうすればいいのか。

アントニオを、自分の気に入る音の出る楽器にするしかない!
その想いが募って、先生に相談したところ。
やっと、今お世話になっている工房にたどり着きました。

しかし。
職人というものは、誇りが高く、こだわりが強い。。
よそで買った、しかも、よその調整がされてる楽器なんて。
出来れば扱いたくない、というところが多い。

それほど厳しくはない工房でしたが。
最初は、難色をしめされました。

前の調整だと、音がキンキンして、弦の張りが強く。
私には合わないので、ここに来た!と訴えますと。

アントニオのネック(魂柱の部分)部分が、反っている状態。
それで、余計に張りも強くなってしまってる、と説明して下さいました。
(コマの高さは関係なかったんですねcoldsweats01
最初は、魂柱を削ったりと、大手術。

見事、私が一時期欲しかった100万円の楽器と同じような。
しなやかで、深みのある楽器に、生まれ変わりました。


あれから5~6年は経つでしょうか。
何度か毛がえやメンテナンスをしていただき。
私の腕も、(すこーし)は上達し。

結局のところ、アントニオの本来の音が出せるほど。
自分の腕が足りてなかったことに気が付き。

これからも、2人(人&楽器)三脚の歩みにて。
音楽を奏でてゆきたいと思いました。

私にとっては、どんなことがあっても傍にいてくれた。
半身みたいな存在。
結婚する前も、離婚した後も。

あなたにふさわしい演奏者になるため。
これからも、もっと努力をするわheart04

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

はっぴょうかい

メイのチェロの発表会を聴いてきましたnote

デビューなので、1曲だけでしたけど。
音楽には慣れ親しんでるからか。
合奏の勘どころも、しっかりしてました。

音を聴きながら弾けてて、良い感じでしたconfident


チェロは、他にも上手い子がいて。
すごく良かったです。
ヴァイオリンも、大人顔負けの演奏でした。

ただ…。

室内合奏団でアンサンブル、という。
コンサートのような形式で延々としていたので。

ずうっと聴いてると、疲れてきてしまったsweat01
(濃厚すぎ…)


ヴァイオリンというのは、華のある楽器だけれども。
奥行きというのも、大事だと思うのです。

私は大人から始めたので、下手っぴですし。
音色も、まだまだ浅いなぁと自覚はありますが。

私がヴァイオリンを教わっている先生の演奏は。
深みと品があって、決してでしゃばらない。
けど、存在感があります。

同じ先生に14年(あれ?15年前?も習ってます。
やっぱり、あの先生だから、私は続けられてるんだと、確信しました!

キンキンした、きらびやかな尖がった音色のヴァイオリンって。
あんまり、好きじゃないのです~coldsweats01
(昨日コンマス(女性)は、まさしくそんな音色でした)

flair合奏で1番大切なことって、何だと思われますか?

①間違えない
②音程をしっかりとる。
③相手の音を聴く



どれも、すっごく大切だけれども。
りらは、③が1番に大事だと思ってますshine

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

良い曲です

スキマスイッチ「ボクノート」

僕の音、とかけてるんですねhappy01


shine良い夢を

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ザールブリュッケン・カイザースラウテルン

~ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団
(楽団名が長いのでcoldsweats01

指揮:スタニスラフ・スクラオヴァチェフスキー


--プログラム--

◆モーツァルト:交響曲 第41番 K551
「ジュピター」

◆ブルックナー:交響曲 第4番
「ロマンティック」


手に汗握る、熱い演奏でした。
生オケのパワーに圧倒されつつ。

良いコンサートに行けて、幸せなのですclip

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

へびーろて

noteColdplay





いや、これは素晴らしいのです。
今回のアルバムは、メッセージ制が強いそう。
(英語の歌詞、読めるかしらん?)

新アルバム、早くゲットしたひ。


先日、タワーで流れてた、UKロック節に魅かれて。
アーティスト名をメモ。

調べてみたら、ノエル・ギャラガーは。
元オアシスのメンバーだそう。

やっぱり、UKだった~。
こちらも、ぜひ聴きたいです。


ビョークの「biophilia」、聴きごたえたっぷりなのです。
独特の世界観がありますね。

9曲目の、mutual cora(つづり、合ってるかな?)
静からメロディの間に、突然激しいビートが鳴り。
ふと正気に戻ってしまうけれど、またどこかぼんやりした感じ…。
何度も聴いてしまう。


レンタルでかりた、矢野顕子(yanokami)。
めっちゃんこ、ええわ~。
(やもり、ずっと探してるけど、置いてないのーweep

くらむぼん、などなども、楽しみ。


音楽の秋ですね~。
この季節は、一番しあわせnote

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧