« ちょっとペースを落とす | トップページ | すとれーと »

アンとリラ

赤毛のアン、シリーズ。
やっとこさっとこ、読破しました。
(計10冊なので1ケ月に1冊ペースsweat01

Sdscn4877



子供の頃に、世界名作劇場でアニメを見て。
赤毛のアン、だけは読みました。

で、残りのシリーズは買ったものの、途中で放棄。
20年経って、ようやく全巻を紐解きました。

たぶん、今、で良かった。
子供の頃には、深い味わいがわからなかったかも。

アンの青春時代は、とてもロマンチックで乙女チック。
描写も美しくて、少女マンガのような世界。

しかし、最終の「アンの娘リラ」は、戦争がほとんど内容で。
ちょっと重苦しくて、あまり言葉が入ってこなかった。

スーザンのような、市井の人間の方がたくましいのかな。
彼女の強さが際立ってました。

リラが、ようやく幸せなれそうなラストだったので。
長い間たちこめていた暗雲が晴れて、スッキリしました。


今度また、20年後に読めたらいいなconfident

|
|

« ちょっとペースを落とす | トップページ | すとれーと »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35849/58447148

この記事へのトラックバック一覧です: アンとリラ:

« ちょっとペースを落とす | トップページ | すとれーと »