« おけ | トップページ | 日曜劇場「ATARU」 »

千年に一度の宴

こんな感じで、雲がのぺっとかかってましたが。

Sdscn4122

日食が始まる頃には、見事に晴れました~sun




面白かったのは、木漏れ日です。


見られなかった方もいらっしゃると思いますので。
ぷーうさぎが、レポしますhappy01


ちょこっとでも雰囲気が伝わるといいのですが。

Sdscn4126

全体的に、うす橙に、なってゆき。
木漏れ日に、欠けた太陽のカタチが映りこんでる。

すごく不思議な感じ。


Sdscn4132
いっとき、全てが止まった瞬間がありました。

風も、鳥の鳴き声も。
時間ですら、動いてないような…。



あれは、何だったのだろう?


Sdscn4133
もわもわ~動いてます。



Sdscn4134

色が変化する。
世界が、変化する。



Sdscn4135
かつて、平安時代に。
同じ景色を見た人がいるのですね。



ニコンの安デジカメラ。
実は、動画も撮れちゃうのだgood


太陽が欠けていく様子は、メガネで観測。
そちらも、もちろん感動したのですが。

木漏れ日は、見ごたえがありましたshine

|
|

« おけ | トップページ | 日曜劇場「ATARU」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ああ…素敵な木漏れ日shine
太陽が欠けてるって分かってるんだけど、まるで地面に三日月が沢山降りてきたみたいmoon3
これがじかに見れたらもっと素敵だったのに~
知多半島はバッチリ厚い雲で覆われてしまい、さっぱり見えませんでしたcrying

今はデジタル写真を取り込んで背景に出来る(らしい)ので苦労はないかもしれないけど、これをアナログ原稿で表現するにはどうしたらいいかな~なんて…
つい考えてしまうオタクな私coldsweats01

投稿: 竜崎 恭夜 | 2012年5月26日 (土) 01時26分

>竜崎さんへ
届きました、ありがとうございますhappy01
素敵、素敵~heart04
(親にも自慢?してしまいました)

本当に、三日月が降ってきたみたいでした。
今思い出しても、不思議な光景なのです。

マンガで、これを描くとなると、大変そう。
でも、竜崎さんの繊細な線で、見てみたひshine

私も、どちらかといえば、アナログ派かもnote
デジタルでも、アナログ的な表現も増えてて。
道具として上手く使えたらと思うのですが、自分には合ってませんsweat01

S~エス~という雑誌が好きで、よく立ち読みします。
(みんな上手いのです~)
最近、アナログでガシガシ描く若い人も増えてきて、嬉しいconfident

投稿: りら | 2012年5月26日 (土) 20時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35849/54764988

この記事へのトラックバック一覧です: 千年に一度の宴:

« おけ | トップページ | 日曜劇場「ATARU」 »