« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

わがははの記

出演:役所広司、樹木希林、宮崎あおい
監督:原田眞人

井上靖さんの、自伝小説が原作です。

親子、そして孫の関係や、考え方。
年月とともに変化してく家族の情景がリアル。
映像が、とてもきれいでした。

自分のおばあちゃんを思い出しちゃった。

樹木さんの演技が、どことなくコミカルで。
シリアスな場面でも、笑い声が絶えませんでしたconfident


新藤監督が、亡くなられましたね。
100歳のお誕生日を、祝ったばかり、とのこと。

遺作の「一枚のハガキ」は、力強い作品でした。
他の作品も、観てみたい。

ご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

頂上

3日前は、途中でヘタれてしまいましたが。
近所の山を、てっぺんまで登れました~shine
(いえーい)

かなり汗をかきました。
でも、風が吹くので、気持ちが良いのですhappy01


岩手の方と、お手紙を交換して。
1年近くになります。

その方は、とてもとても大変な目に遭われたのに。
一度として、自分が不幸だとは書いてきません。

ただ、起きた現実を受け入れて。
悲しみに打ちひしがられながらも。
決して、自分を失わずに。

ゆっくりと、確実に。

地面に足を付けて、一歩ずつ歩いて。
確実に前へ進まれてる。


心根が、しっかりしてます。

うーん、すごいなぁ。

学ぶことだらけなのです。

彼女の生きざまから。
たくさんの、勇気をいただいてます。

私も、ちょこっとずつでも、頑張らなくちゃsweat01


ちょこ…チョコ…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

日曜劇場「ATARU」

初回から観てますが。

予想以上に、面白いです。


もう、最高のエンターテイメントだと思う。

予算や諸々の裏事情はよくわからないけど。

主人公の中居正広さん、監督、そして脚本。

本気で、おもろいドラマ作るんだ!って意気込みが。
半端なく、すごい!


これだけ、ひきつけられたドラマは初めて。

来月で終わっちゃう…さみしいweep

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

千年に一度の宴

こんな感じで、雲がのぺっとかかってましたが。

Sdscn4122

日食が始まる頃には、見事に晴れました~sun




面白かったのは、木漏れ日です。


見られなかった方もいらっしゃると思いますので。
ぷーうさぎが、レポしますhappy01


ちょこっとでも雰囲気が伝わるといいのですが。

Sdscn4126

全体的に、うす橙に、なってゆき。
木漏れ日に、欠けた太陽のカタチが映りこんでる。

すごく不思議な感じ。


Sdscn4132
いっとき、全てが止まった瞬間がありました。

風も、鳥の鳴き声も。
時間ですら、動いてないような…。



あれは、何だったのだろう?


Sdscn4133
もわもわ~動いてます。



Sdscn4134

色が変化する。
世界が、変化する。



Sdscn4135
かつて、平安時代に。
同じ景色を見た人がいるのですね。



ニコンの安デジカメラ。
実は、動画も撮れちゃうのだgood


太陽が欠けていく様子は、メガネで観測。
そちらも、もちろん感動したのですが。

木漏れ日は、見ごたえがありましたshine

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

おけ

知人のオケの演奏を聴きに行きました。

マニアックでしたが、面白かったです。

姉っちが、誕生日にと、ランチをごちそうしてくれましたhappy01

お互いに、色々と悩みはあるけれども。
マイペースでゆくしかないねぇって話になりました。

まぁ、姉っちは良い顔してるのです。
私なんかよりは、はるかに。

本人は気がついてないかもしれないけど。
子供っちや旦那っちと一緒に。
人生が豊かになってるのです。

だから、音楽も豊かになっています。


私には、身近に愛でるものがないので。
心のほうも、荒んでるのかもしれません。

この1年、ちょこっとでも、穏やかな顔をして。
過ごせたら、いいかなぁ…。
(新聞はあまり読まない方がいいかも…笑)


たくさんの人に祝いの言葉をいただいて。
良い1日になりそうですheart04

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

こんさーと

土曜日に、合奏団のコンサートをやりました。

無事に終わって良かったhappy01


色々ハプニングが起こったこともあり。
とにかく必死でした。


聴いて下さった方たちが。
楽しいって思って下さったことが、1番良かった。

あたたかい聴き手に。
いつも、助けてもらっております。


しばらく、呆けてるかも…typhoon

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

目指すもの

合奏団のコンサートが近づいてきました。

わくわく、ドキドキ、しつつ。
何よりも、聴いて下さる方に楽しんで欲しい。

そのためには、まず自分たちが楽むのことshine

大事な人さまの時間が、最高の時間となりますよう。
そのために、頑張りたいです。


楽器を通して。
自分の心を表現出来たら、素敵だなぁと。
思ってます。

胸のあたりに、漂っている感情を。
音色に乗せて、音として還元することが出来たら。

より、音楽の深みが増してゆく。

いまの私は、それを目指してるんですnote


最近ちょこっとだけ。
気持ちが、自分が表現できてきてるかも。

どんな場所でも相手でもこれが、私の音楽なのです、と。
そういうプレイヤーになることを目指してきた先生。

私も、いつか、先生のように。
舞台の上で、自分の色に染まって。
奥深い音色を弾けるような、奏者になりたい。

ヴァイオリンに心が宿ってるように。

いつの日か…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ごーるでん

後半は(…も)動き回っておりました。

たいようの搭の所へ、遊びに行きました。

合奏団の最終練習もあり。

あとは、メイとオイの襲撃…。

子供っちのパワーはハンパありません。


とにかく、すっごい食欲。
家じゅうの食べ物が、食いつくされてゆきましたriceballcakebread


メイとオイは、私の部屋でも、ドタドタ~dash

この日に備えて、片付けておいて正解。
あっちこっち、あけては、物色してゆくメイcoldsweats01

ヘアー飾りのうさぴょん達なんかが。
連れられてゆきました、ぴょん。

2人とも可愛いのだけど。
がちゃがちゃと賑やか、なので。

あらふぉーの、●●ちゃん(わたくし)は。
ちょっと、疲れてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

めがね

最近、すぐに枠が歪んでしまいます。

そのせいもあって。
肩こりゴリゴリ~。


コンサートのプログラムを。
無事に入稿。

セール中で、40%オフでした。
(らっきーnote

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

すうじ

勉強では、色んな数字を覚えなきゃいけませんsad
(統計関連)

でも、数字に振り回されてばかりいると。
大事なものを、見失いそうで。
危機感を感じる。

ニュースで取り上げられる、世論調査、も。
とても、確実な数値とは言えません。


たとえば、視聴率。
標本数は、600~100と、地方によって差もありますし。
抽出統計としては、数が少ない。

最低100あれば、統計として成り立つと言われてますが。
こんな少ない標本に振り回されること自体。
本来なら、とてもおかしいことなのです。

TVの視聴率とやらも。
昔は、視聴者の指標にはなってなかったし。
今ほど、クローズアップされてなかった気がする。

最近は何でもランキングするのが流行ってて。
数字だけで評価するのが当たり前になってる。

それがどうした?って。
つい、言いたくなってしまう。

一般ウケするものが、良いものとは限らないし。
制作側には、問題かもしれないけど。
視聴者が、数字に振り回されるなんて、バカらしい。

中居くんのファンをしてると。
世論や世間での数字だけで評価されたり。。
いろんな矛盾を、たくさん感じるので。

自分の目で観てやるぞって気構えが、強くなります。



バクマン。
うーん、後半は、ちょっと厳しい。

ネームと絵が、バラバラ、してるし。
どんどん、キャラに魅力がなくなってるし。
最初のテーマから、かなりブレちゃってる。

ランキングの問題ばかり出てきて。
マンガを描くことへの、夢もへっちゃくれもあらへんcoldsweats01
(ジャ●プで連載するプロの現実なのかしら)



数字、が、コワイと思うのは。
20代の方の、じさつがんぼうのパーセントが。
勝手に、独り歩きしてしまうことだったり。

現実が厳しくて、夢も希望もない将来だと。
数字が無言で語ってます、とする報道だったり。


他にも、失業率、貧困率 etc etc…


幸福度、というのも、流行ってますが。

幸せまで、数字で計る時代になっちゃった。


ここまで、統計に影響されてしまうのは。
日本人だけなんじゃないかと、思ったりする。

大切なものは、目には見えない。
数字なんかでは、計れないんだよって。

本来なら、大人が子供に教えてあげなきゃ。
いけないのに。

わかりやすいからって、つい数字に頼っちゃう傾向は。
これからも続きそう。

やっぱり。
それが、どうした?って言いたくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »