« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

モード

勉強モード。
創作モード。

なかなか、頭が切りかわらない。
(特に、勉強sweat01

4コママンガの方は、さくさくと描けました。
イベントでは、個人本も出しま~すheart04
(こっちは気楽なの)


この前会ったイトコから。
投稿用に描いたというマンガのコピーが送られてきた。


西原さんの作品と似てる。
身近な創作仲間では、いないタイプ。
ある意味、衝撃を受けた。

言葉のチョイスがすごい。
絵はもちろん上手い。
シンプルでブレがない。


昔、イトコ(3姉妹)の家に遊びに行くと。
同人誌やマンガがたくさん転がってて。
セル画に色を塗らせてもらったり。
キャプテン翼のキャラを描いてもらったりした。

私の創作の原点はそこだった、のかも。
今頃になって、色々と思いだす。

でも、ちゃんとマンガを描いたのは20歳。

何を始めるのも。
いっつもスタートが遅いのですcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

お寺の美術館

京都 相国寺の中にある。
承天閣美術館の特別展に行ってきました。

テーマは屏風絵。

長谷川等伯、伊藤若冲、俵屋宗達など。
重要文化財もいろいろとあって。

とても、豪華な展覧会でした。

あまり宣伝もされてないので。
人も少なく。
ゆ~っくり、じ~っくり、見られましたshine


若冲の墨で描かれた作品群が、特に良かった。
空間の使い方が上手いなぁと感じました。


ついでに、大光明寺に寄って、冬の特別展なるもの
も観ました。
いかにも京都らしい、俗っぽさが漂ってましたがsweat01

普賢菩薩さまは、とても良いお顔をされてて。
観て損はなかった…かしら。

相国寺の「入り口」の中。
あやしそうな世界なり →コチラ



北斎の方は大々的に宣伝されてて、人も多いようなので。
やめておよう、うんcoldsweats01
(またいつか、小布施まで行くも~ん)

先日の、歴史ヒストリアは面白かった。
最後の名は‘画狂老人 卍’

死ぬ間際まで、極みを目指してたのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

指編み

どぶっきっちょな私でも。

これなら出来る!と。
シュシュのキットを、ゲットshine

手であみあみ~してみました。


Sdscn3891
ちょこっと編み進んだ状態です。


Sdscn3892
ラッピング用に20cmだけ置いておいて。
残りの糸を全部、編んだ状態です。
(ここまでで、約20分)


Sdscn3894
キットについてた、緑色の細いゴムを。
輪っかに交互に通してゆきます。
(端っこは、クリップで止めておきます)


Sdscn3897
全部に、ゴムが通りました。


Sdscn3900
ゴムの端どうしを堅結び。
(念のため、3重)

紐どうしも、結ぶと、かわゆく出来る、とあったので。
やってみると、良い感じなのです。

50分で、出来あがり~happy01




アヴリル、というところが作ってるキット。
http://www.avril-kyoto.com/

かわゆい糸もいっぱい。
そそられましゅ。


小学校の時の家庭科の成績は、男子もいるのに「3」でした。
ぞうきんも縫えず、先生に怒られた過去のトラウマが。

見事に、払しょくされましたheart04



…で、原稿が全く進んでないcoldsweats01
(未だにプロットでゆきづまってます)

妄想、プリーズhorse


noteBGM
由紀さおり「1967」

なんちゃら、という周波がいっぱいある、という歌声
(byくろーずあっぷ現代)

癒されますconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

シンクロ率、500%…?

先日、3歳上のイトコと、初めてランチしました。

展覧会へより、お茶をして。
画材を買いました。

DNAっておそろしい。
なんだこの、シンクロ率…sweat01

読んでるマンガも観てる映画も被ってる。
お互いの友だち、タイプが似てる。

しかも、携帯電話は壊れるまで買い替えない。
アナログ好きで、いまどきからかけ離れてるトコまで。
クリソツ~。


しかも、子供の頃のトラウマや、大人になってからの経験も。
どこかで似通っております。

も、もしかして。
もう1人の自分かsign02



イトコは、かなり乗り越えていってるので。
私も、少しずつ、前へ進めるかも、と。
勇気がわいてきましたnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ばれんたいん

友人から、うさちゃんチョコが、届きました。

きゃ~ん、ラブリィ~heart04
(一気にテンションUP)

写真、まだ撮れてないです。
もうしばらく、眺めておきまーす。



で、今年。
自分から渡したのは。

その名も。
ギリギリチョコ…sweat01

合奏団の練習日、家にあったものを持ってゆきました。
しかも、先着2名(男性陣)のみ。

用意してませんでした、というのがあからさま過ぎてcoldsweats01
みんな、めっちゃウケてました。
(何かがちがう…)



話題は変わりますが。

●年前に、結婚式を挙げた、素敵な異人館が。
放火により、焼失してしまいましたweep

別れた際に、写真はぜんぶ捨ててしまったけれども。
思い出だけは、消せません。
(建物の細かい部分も、全部覚えてる)


カタチあるものは、いつかは無くなってゆく。
この世は、無常ではあるけれども。

ただ。
誰かが火を付けたという事実は、どうしても許せんannoy

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

あたふたっ

お昼ごはんの後、横にゴロンッとなってましたら。

自分のいびきで、目が覚めましたcoldsweats01


寝言は、めっちゃ言いますけど。
いびきは、滅多にかかないです。


年末に身内に不幸があったため。
母が関東に出かけている間、しっかり家事をして。
(なんせ、父は全くご飯が作れません)


被災地の方のお手紙の件で、NPOの人と話をし。

5月に行う、合奏団のコンサートのチラシを作り。

創作イベントの申し込みをして。
マンガのプロットを練ったり、本の構想をしたり。

合奏団の練習は、気合入りまくりで演奏し。


そして。
今年も試験を受けることを、決めましたshine
(勉強、開始です)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

しあわせのパン

今年、はじめて映画館に足を運びました。

公式HP


ほっこりする、お話でした。
主演の原田知世さんと、大泉洋さんの夫婦像も。
あぁ、いいなぁ~と思える関係で、良かったです。

北海道の自然と、柔らかい月の光。
そして、美味しそうなパンをとりまく人々。
心に優しく、ときに切ない。

絵本のような映画でしたconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

せつぶん

今年も、N神社の鬼さんを見てきました。

灰をかぶって、しっかり厄払いなのです。

Dscn3875
格式ある伝統行事なのですが。
メディアには、ほとんど出ないようです。

Dscn3873
ホラ貝の音と共に、鬼さんが、たいまつをかかげます。
ゆっくりした動きです。



去年のたいまつをお返しして、今年も新しいものを買ってかえりました。

恵方巻は、(なぜか)2日連続で食べました。

そして、豆まきは、しませんでしたcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »