« ミクロの決死圏&生物学いろいろ | トップページ | 消しちゃった☆ »

阪急電車

著者:有川 浩

やっとこさっとこ、3ヶ月以上かかって。
阪急「今津線」を乗り終えました~~wink

読後感が爽やかです。
すかーんとした気持ちになりました。

関西人(西宮、神戸あたり)の空気が、とても身近。
ちょっこし、大阪、京都とは違う、独特な感性。

今津線、逆瀬川に習いごとをしてた時はよく乗りました。
駅の近くの飲み屋も、行きつけておりましたscissors

仁川で降りたのは、1回だけ。
もちろん、用事は競馬場なり。
ビギナーズラックで、3戦とも当てちゃいました。
100円しか賭けなかったので、電車賃ぐらいしか出んかった。

今も、レース前の馬を見たら、当てられるかなぁという自信はあるけど。
賭け事はやめときま~すsweat01

宝塚へも、何度か行ったのが懐かしい。
また、乗りたいなぁ。

この小説を読むことで、電車に乗る時に見る風景が、変わりました。

今時の高校生の会話とか、おっちゃんの会話とか。



先日、週刊誌の吊り広告を見ていた女子高生の会話。

「こーいう(ゴシップ)ネタって、大げさに書くから嫌い」
「芸能人やって人間やねんし…傷つくわ」
「どうせ、売るために、目立つ記事にしとうんやろ」

…その通り、アッパレshine

どこぞの大人より。
世の中のことを、よ~くわかっております。


週刊誌なんぞは、滅多に読みませんが。
昨年末に文春だけ買いました。
(うさぴょんの表紙が可愛かったのでnote

これの「顔面なう」というコーナーが、超おもろかったhappy02
海老蔵氏=ツタンカーメン
仙谷氏=バルタン星人
など、など。


中居くんの記事は、今更…って感じで読み流す。

どうぞ、勝手にお書きになればよろしい。
ファンは、常日頃から鍛えられておりますので。
簡単には、動じません。by「阪急電車」の凛とした女性風


有川さんの作品、これからも色々と読みたいheart04

|
|

« ミクロの決死圏&生物学いろいろ | トップページ | 消しちゃった☆ »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35849/50629635

この記事へのトラックバック一覧です: 阪急電車:

« ミクロの決死圏&生物学いろいろ | トップページ | 消しちゃった☆ »