« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

おんがくの秋

昨日。
半年ぶりにヴァイオリンのレッスンへ行ってまいりましたnote

朝から、先週の教室のテープを、延々4時間も聴き続けて。
最後の方は、脳みそフリーズ(←あまり使ってなかったせいsweat01

ヨレヨレ~の状態で先生宅へ。
先生と2重奏(初心者向け)を弾きました。
すると、あら不思議flair
くたくたの脳みそが、元気になったのでした。

レンタルCD、1枚100円セールを狙って。
ざざっと10枚ほどかりてきました。
(うおー、すっかり浦島なりよ~)

これが噂の「トイレの神様」
うん、この関西弁の歌詞、泣けるわ~crying

先日、まさやん(山崎まさよし)がTVに出てたので。
久しぶりに、手元にあるMDを聴いてみる。
(それにしても、まさやんは、ちっとも変らんな)

うお~これぞ、まさやん節や~happy02
私が高校生の時、FM802でDJしてた時からファンです。
(まだ、ライブには一度も行けてへんけど)
音楽番組に出てたのは録画済み。
早く聴きたいよ~。

あとは、カエラちゃん(第1子誕生、おめでとう~shine
坂本真綾さん、矢野顕子さんのアルバム。
サントラ系をレンタルしてきました。
(PCにインポート、インポート、なのです)

未だに、MDウォークマン派でしゅcoldsweats01


さて、先日の六甲の写真。
…と、その前に!
(↑最近流行りの、バラエティ式)…このやり方あんま好きじゃない(ぼそ)


来年は、うさぎ年ということで。
まさしく「歩くと兎にあたる」状態なのです。
す~っごく幸せな反面。
懐の厳しい私には、拷問のようでもあり…。

ついつい、誘惑に負けて、昨日買ってしまったブツ↓

Dscn1431
左のは、フレーバーティです。
そして、右にいるのは、小粒「まねき兎」
バックのは、昔友達がくれた手作り木ウサ3羽。

今年も、お友達が下さった、激可愛うさちゃん。
ついついゲットしちゃった、手作りウサグッズ。
幸せなことに、増殖中であります~嬉しいぴょんheart04
(ウサグッズ、色々アップしたいよ…兎部屋作りたひ)

で、六甲山です、はい。
お待たせしました~sign03(←誰も待ってない)


Dscn1330
えっと、名前忘れた。
赤いのと白い(銀色)のが両方咲いてるのは、珍しいとのこと。


Dscn1331
乱舞してるようです。


Dscn1333 山菊、かな。



Dscn1339
あとで説明


Dscn1347 


Dscn1343_3
房藤空木 (ふさふじうつぎ)というそう。
群生もありましたnote

Dscn1351
あざみ(夏の花)とススキのコラボレーション。


Dscn1355_2
桔梗…??らしきカタチですが。
にょきっと中から出てるし、何の花だろう??


Dscn1357
六甲山の頂上は、少しずつ秋めいてます。


Dscn1362
松ぼっくりが、びっしり付いておりました。


Dscn1367

野菊、薄紫色でした。


Dscn1346
薙刀香需 (なぎなたこうじゅ)という名だそう。



Dscn1369
部屋から見た、夕焼け。


Dscn1383
屋上から見た、神戸の夜景。



Dscn1390
…何やろ??



Dscn1392
うぉ~!
お空に、雲の銀河を発見なのです~happy01


Dscn1393
eyeソフトクリーム…だそう。
(オブジェです)


Dscn1415
新名所「自然体感展望台‘六甲枝垂れ’」です。
せっかくなので、訪れましたgood


Dscn1402
Dscn1398
Dscn1409
地下から上を覗くと、お空が見えます。


Dscn1417
巨大メガホン。
「やっほー!」って叫んでみましたが。
平均値よりヘルツが低かったでしゅdown


11月23日まで、六甲ミーツ・アート芸術散歩が催されてて。
他にも、いろんなオブジェがあるようでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

頭パニック☆

先日、六甲山に登ったので。
ゆるゆると、写真アップしたーです。

急に始めた勉強。
試験は1年先だけど、けっこう大変そうsweat01

再就職するにしても、私の場合、資格がないとね。
(現実的に厳しい)

じーっくり、丁寧にやっていきたいです。

昨日から、読書週間。
やっとこ「ちんぷんかんぷん」を読み終え。
今は「阪急電車」を読んでます。
(もうすぐ折り返し地点)

短編だけど、内容はつながってる小説。
読みやすいし、2作品とも面白いgood

友人がすすめてくれた小説も読みたいな。
読書の秋ですし。
ちょこっとずつ、読書も復活したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きゅうしゅつ

チリの落盤事故。
1人目が救助され、昨夜は10人までニュースで。

そして、今朝、最後の33人目の方の救出。
リアルタイムで見ました。

なんだか、じ~ん、としましたweep

家族に会えた喜びと、やっと出られたという安心。
ヒーローとしてマスコミも騒ぐでしょう。
その後に、PTSDの危険があるとのことで。
むしろ、これからが大変なんじゃないかな、と思ったり。

自分の状態も、PTSDかもしれない。
記事を読んで、そんな風に感じました。
死にかけたり、相手に殺されると感じる恐怖も経験。
喪失感やら何やら。

リウマチも、またちょっと症状が出てきて…。
久しぶりにヴァイオリンを触ったりしつつ。

いろんな糸が絡んでて。
わけわかめsweat01

今日は、朝から親とケンカしたり、泣いたり笑ったり。
もう、大忙し。
(ただいま休憩中)

お昼は、栗ごはんとお味噌汁を担当。
どちらも、美味しく出来ましたnote

夜に来客とのことで、料理の手伝い。
ひたすら、剥き剥き~なのでした。
(栗は手ごわいけど、旬の味は美味なり)

お庭のミョウガ。
今頃になって黄色い花(?)が地面からぽこっflair

「なんだこりゃ?」と母が引っこ抜くと。
中から、ミョウガの身が~happy02

えぇ、こんな風に出来るの?
しかも、この季節に??

ミョウガって、妙~が~。
↑ざぶとん2枚、没収bomb



※後で調べました。
秋ミョウガなのですね。
で、花が咲く前に収穫、とのこと。(なっとく)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

十三人の刺客

監督:三池崇史(みいけたかし) 公式HP
出演:役所広司ほか
超超超豪華キャストでした。

(そして公式HP、かっけよ~shine

レディスデイ(5日火曜日)を狙って、行ってきました。
(珍しく調子も良かったので、激しい映画に挑戦)

この映画では、刺客→しかくって読むらしいです。
(byゴローちゃん)

これぞ、ザッツ、侍映画sign03って感じ。
鉄砲は一切出てこないし…(火薬はあったけど)
とにかく、刀で切って切って、切りまくり~。
殺陣シーンが、すっごい迫力で見ごたえありました。

戦闘シーンの始まる緊張感ビシビシ。
時代劇が好きな方には、たまらんのでは。
1シーン1シーン、とても丁寧に撮られてて。
ストーリーも面白かったです。

登場人物が多すぎて、ちょっと混乱sweat01
(予習必要かもしれぬ…)
セクシィ部長も出てたのね~coldsweats01
(気がつかんかったよ)

ゴローちゃんは、極悪非道な明石藩主。
俳優陣が皆、撮影中はゴローちゃんが憎らしくて仕方なかったそう。
残酷非道の冷たい藩主に、見事はまってた。

あとは、やっぱり役所広司VS市村正親。
因縁絡みの2人の、最後の対決も見どころ。

ネタばれになっちゃうけど。
私の1番大好きな映画「七人の侍」よりも、死亡率高いsweat01

現代を皮肉った部分もあり。
幕末の侍の、戦争の。
むなしさと切なさを感じました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この後、また絶不調の波が~wobbly
春と秋はホントだめだめ。
何とも厄介な操縦不可能の、ココロの病気。

親が長期の不在だということも重なり。
昨日は1人でしょぼしょぼ泣いて、ほぼ1日寝てました。
電話かけるのも、人に頼るのも苦手。
ウツ病は人とのコミュニケーションが上手く出来ない。

だから、余計に孤立して、追い詰められる。
ホント厄介な病気なのです。
耐えられず、姉と話してちょっとスッキリ。

SMAPとジブリ。
いっつも、不思議なめぐりあわせで。
もう辛過ぎて、ついマイナス思考に傾く時、なぜか現れる。
どんな暗い気分でも、笑えちゃうのよ。

久しぶりに観た「カリオストロの城」も最高~heart04
子供のころから、もう大好きで。
数えきれないぐらい、観てるんじゃないかしらん。

なのに何回観ても、面白いの。
宮さんの原点であり、永遠の傑作です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

お月さま

十五夜のとき。
お月さまがお星様をひろって。
空にまくんだよ、という詩を読みまして。

そのイメージで、壁紙をかえてみました。

10月なのに、暑かったsweat01

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »