« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

うさフェス

今年も、行ってまいりましたflair

うさグッズも、昨年よりパワーアップ。
お財布の紐はきつくも、作家さんのお話を聞いたりして。
面白かったです。

送迎バスの中で隣になった方が、とても“粋”な人で。
その人と、うさトークをしたり、お昼をご一緒したり。
おかげで、楽しく過ごせました。

何となく、友だちに似ている、なぁ。
しっかりと、自分の世界を持っている方で。
ちょっと孤独も抱えているけど、地面に足をつけて歩いてる。
とても、素敵な人でした。
(また会いたいなぁ)

今は、ウサギを飼えるかどうか、わからない。
生きてるものが近くにあることで、気が張るのかもしれない。
ピョンピョンと、あちこち見て回ろうかと思ってます。

本屋で「考えすぎない」という題のものを、斜め読み。
考えすぎて、孤立して、疲れてしまったなりよ。

親や姉夫婦と話をしたり、近所の子と話をしたり。
無駄に、ワタワタ足掻いてますけど。
自分の弱い部分を、すごく感じる。
ホントは、脆い。
だから、元ダンナに引きずられ、自分も引きずって。
一緒に暗い世界へ堕ちていったのです。

現実と意識が遮断されてしまって、暗いトンネルの中にいて、出口も見えないけど。
今は「生きてる」だけでも、いいのかな、ぐらいで。
父親にも「ゆっくり、焦るな!」と叱られました。

周りに名前を呼ばれたり、人と話をしてたりすると。
現実に、自分は居る、んだなって実感が持てます。

心もない、感情もない。→のだめにあったネ。
それでも、息をしてる、食べる。
毎日が過ぎてゆく、こわいぐらいに。

とりあえず、部屋を片付けよう~shine

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

最近、何もみて、ないなぁ

そんなこんなで、映画や本もご無沙汰。
(情報雑誌も広告も見てない)
こんなに時間があるのに。

半ひきこもり状態で、何してんねん?というと。
桜と新緑を見たり、猫の手になったりしてます。

今年の桜は、咲いてる期間が長くて、綺麗でしたね。
夙川の桜、神戸の山、水源地、琵琶湖の桜など堪能。
生きてる中でも1番沢山の桜を見ました。
今年は咲いている期間が長いこともありますし 彼岸、山桜etc cherryblossom

でも今は。
景色が心の中に、全然入ってこない。
目で見えていても、心になかなか届かない。
それでも、サラサラと舞い落ちる桜の花びらは美しく。
刹那、暗い心が花びらと一緒に、地に舞ってくれるのでせう。

毎晩、夢だけは、どうも幸せ気分でうたたねてる、ようんです。
あんまり内容は覚えてないのだけど、楽しかった♪という印象が起きたときに残る…。
日中は、危うい引きこもり、状態なのに、なんでかしらん??
(心のバランス取ってるのかしらん)

あんまりボーッとしていたり、ダークだったりするので。
親から説教もされ、怒られもしております。


本気で死にたいと思ってしまった自分が、恥ずかしい。
ウツ病と、喪失感(離婚、離職)そういったものが、孤独
に陥れる最悪なタイミングと重なっちゃった。

自分にとって大きなもの、を同時に失うと大変。
仕事は。辞めないほうがよかったかも~と反省。
引きこもりになっちゃうと辛いんだもの。

もしかして、職場復帰するかも、という話は出ております。
今の私では、どこまで仕事出来るかわからない…不安。

あまりに孤独過ぎて、世界との扉が閉じてしまっています。
いつか回復したら、マンガのネタに出来るよね。うんnote
良いことよりは、ぜってー苦難のほうがネタになるな。
それを経験してるってことは、ネタが豊富ってことよね、えへっbanana

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

久しぶりに、漫喫

音楽の中にも入れず、自分の殻に閉じこもってしまってます。
発表会も、合奏団の練習も。
辛い闇にいる自分の状態が見えてしまう。

それがわかっても、今はどうしようもないなぁ。
悪いループ状態なりよ。

単に、穴埋めをしてただけ、のこともあり。
自分のバカさかげんに、呆れてしまう。
いかんなー、病んでおります。

久しぶりに、漫画喫茶へ行ってみました。
NANAを、のろのろ読むなり。

うわぁ、この展開は、暗いぞーっ。
未来からの視点は、どこかハチクロと通じる。
この先、どうなっちゃうのよさsad

八月のライオン、の4巻も、やっとゲット。
切ないけど、どこか前向き、な作品なのです。
みんな、それぞれ必死。
胃に穴が空いたって、戦い続けなきゃいけない。
羽海野さんの作品は、痛いよーもう。
(でも、好きheart04

無理にでも、前向きになってみるっきゃない。
読んでるマンガ、どれも暗いけどshine→ナゼ光?

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »