« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

あぁ、しんどかった

21日間のお留守番。
おめめの下、くまがひどい。

近所に通り魔なんかも出て、ただでさえこわくて。
1人で住むには、無駄に広い実家。

薬を飲んでも寝られないし。
体調も悪いし、不安で狂いそうでした。

どうやら、1人暮らしが出来ないタイプみたい。
TVが見られないとか、マンガが読めないとか。
同居人がいると、制限がきついけど。

おひとり様という生き方は、向いてない。
だからって、ダンナと結婚して、心病んでしまったし。
(将来どうなるのかしら~ん)

久し振りに、ヴァイオリンを弾きました。
やっと、指も動くようになってきた。
湯たんぽであっためたのが効いてきたか。
2ヶ月ぐらい毎日やってるもんなぁ。

アントニオのメンテも、やってあげなきゃね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

おくりびと と ぽっぽや

「おくりびと」

ずっと見たい作品だったので。
TVでやってくれて、嬉しかった。
哀しいけど、ほっこり心があたたかくなる作品でした。

チェロの音色、山形の景色が、主人公の詩のような美しい言葉ととけあって。
とても丁寧で、きれいな映画でしたね。

うまくいかない家族、うまくいかない人生。
死んでいく人、遺される人。
納棺師の、人生の最期を見送る目は、どこまでも静謐だ。

納棺されて、きれいにお化粧された姿から。
元旦に亡くなった、祖母を思い出しました。

死ぬ時まで、お化粧した顔って見たことなかった。
ピンクの口紅が、とても似合っていて。
凛とした死に顔を見て、人生を全うしたのだなぁと思いました。

「鉄道員 ぽっぽや」
ビバ!家におこもり5連休~smile
交際費¥0-で、とおっても経済的。
(うふ、健全すぎるわ)

高倉健さん、しっぶいよー。
職人堅気で、不器用な、なんとも味わい深い男。

北海道の荒涼とした雪景色と。
あったかい人間との交流が、なんとも哀愁があって。

辛いばかりの人生だったけど。
自分の生き方を全うした、男の哀しさと健気さが。
しみわたる作品でありました。

いや~日本の映画っていいもんですね。
さて、もう1つかりてきたDVD見ます。
孤独死コースたどってるかもなぁ、あはは。

親が留守の間、自分は死ぬかもしれないと不安でした。
いつ私が居なくなっても、誰も困らなかったら良いのに、と。
誰も必要としてくれなかったら、楽になれるのに、と。
そういうことばかり、考えてました。

いろいろ、気にかけてくれてもらったり、電話もらったりお手紙もらったりして。
おばさんからの電話では泣きじゃくってしまったけど。
なんだか、とても孤独なのです。

家族がいても親戚がいても友達がいても仲間がいても。
そして、好きな人がいても。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ボローニャ国際絵本原画展

なんだかんだで、毎年足を運んでおります。

いつもM新聞から招待券をもらってたのですが。
今年はなぜか回ってこなかったので。
集金の人にお願いして、最後の1枚頂いて行きましたnote

昨年より、全体的にこじんまりとした印象。
小さい絵が多かったのと、作者の顔写真がなかった。
CG作品も、増えてきたなぁ。

絵本原画なので、優しい色合いの作品も多い。
見ているだけでほっこりと和みますcatface

黒だけや赤黒2色で表現している絵もありました。
個人的には、エッチングや色鉛筆の作品が好み。

CG作品は、どうしても印刷物という感じがして。
コサージュや筆使いがあっても。
生の絵と並んでると、臨場感が少ない気がする。
マーメイド紙なんかだと、かなりアナログに近いから、紙の種類にもよるけど。
表現ツールとして、これからCGが主流になっていくんだろうなぁ。

どうにもこうにも、根がアナログなのかしら。
PCで、写真加工してチラシ作って文章も書いてるし。
かなりPCに頼ってはいるのですけど。
なんとなく、手で作られたものの方がホッとする。

メールも実は苦手、会社でも主流になってるけど。
ちゃんと相手に気持ちを伝えたいときは。
顔を見て話すべきだと思うわ。

遠く離れていたり、会えない人同士ならわかるのだけど。
すぐ横に居るのに、メールを使ってやり取りしたりするのって変。
そういうことに違和感がなくなっているのも、気持ち悪い。

世の流れと逆行しているかな。
基本的に、天邪鬼なのかしらん。

私も、人に気持ちを伝えるのが下手くそなので、よく指摘もされるけど。
自分の気持ちは、音で表現するしか出来ない。
だから、音楽をやってるのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最近、寝られない日が多くて、日中も動けなくて。
胸が重たくて、ほんとに辛いのよー。
足が異様につめたい、触ると氷みたいなの。
額関節症もひどくて、体中がキシキシ痛んでます。

ウツ状態を人に説明しても、なかなか伝わらない。
経験しないとわかんない、のは、何事もそうだけど。
なるべくなら、なりたくなかった。
なっちまったもんは、しょうがないんだけど。

気晴らしなるからって、いろいろすすめられたり。
人に会ったり、外に出たり働いたり。
そういうのが、苦痛なときもある。

厄介な病気だなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

まだ蚊がいる

そして。
今さっき刺されました、かゆい~weep

まだ、蝉もないております。
(夏のなごりだなぁ)

肩と指の痛みがましになってきました。
しばらくは、通院&薬飲まなきゃいけないらしい。
もう平気だもーんと思って。
さぼって飲まなかったら、やっぱり駄目だった。

ヴァイオリン。
いつか弾けなくなるかもしれないなぁ。
落ち着いたら。
負担の少ない別の楽器を始めようかなと思っております。
(ぼちぼち)

合奏団のお友達(母と同い年の方)が夕食に誘って下さった。
ワイン&フレンチ料理。
すっごく美味しかった~。
おごって頂いて、恐縮なりよ。

先日、友達夫婦もおごってくれました。
ただ食いばかりしております。
いけません。

>竜崎さん
新鮮なオクラって、超ネバネバで美味~。
かぼちゃ地獄…delicious
楽しそうだけど、おなかふくれそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

おくら

庭に植えてあったオクラ。
いつまで、収穫できるのかしら。
ネバネバ大好きなので、せっせと食べております。
(お豆腐に乗せると美味しいんだよーん)

合奏団の練習のたびに、ダンナに会うのがブルーでしたが。
昨日は、妙に気持ちが落ち着いてた。

やっぱり病気なんだな~と思えるようになってきて。
どっちも、まだまだ治ってないんだなぁ。

夫婦としてはやり直せないけれども。
仲間としては、これからもやっていける、かしらん。
それを決めるのはこっちじゃないので。
むこうにまかせよう。

姉夫婦+子供2人が、わらわら来て、わらわら去ってゆきました。
実家で1人お留守番というのも、さみしかったけど。
家事と子守と、フル回転して。
またまた体が重くなっちまった。

お仕事。
姉と話しながら、何が1番の原因なのか、わかってきた。

今夜は1人で焼酎を飲もう。
あんまりさみしくないわ。
うふっ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

おちて、ます。

悪いことって重なるもので。

クレームが重なり。
職場での心労が重なり。
しばらく動けなくなり。

久しぶりに出勤したら。
社長がいきなりパートの求人広告出してて。
社員さん2人が、こそっと後ろでしゃべってて。

わたしは。
まだ(まだ?)何も言ってなかったんだけど。
あぁ、こりゃ、もうダメだわー。

社長が、変な自己啓発に出会ってから。
どんどんと、職場の雰囲気が悪くなっていきました。

理想と現実が。
あまりにかけ離れてます。

心身ともにぐったり。
発熱してるのに、手足がつめたいのよ。

おなかだけは、すくんだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »