« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

つめみじかし

最近は全く、ネイル、してません。
少し経つと、爪のびたなーって感じるぐらい。
いつも、短くきってます。

9ヶ月ぶりに、ヴァイオリンモード、になってきました。
土日は、ちょこっと練習。

ケースを開けるだけでも、気合のいる楽器です。
久しぶりに弾くと、アントニオ君がすねてるー。
調弦(弦の音程を合わせる)だけでも、すごく時間かかっちゃう。

手のかかる子ほど、かわゆい、わ。
今年は、もうちょっと、かまってあげられますように。

うさフェス、なるものが、4月に大阪であります。
うぉー!ぜってー行くぜ。
1人で行くぜnotes(うさ友いないもん)

いつか、私もうさグッズでデビューしたいな。
ささやかな、夢、です。

>竜崎さん、コメントありがとうございます~heart04
エリザベスのたどった歴史ついて、いつか教えて下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ブーリン家の姉妹

公式HP
監督:ジャスティン・チャドウィック
ナタリー・ポートマン  スカーレット・ヨハンソン
エリック・バナ

ずっと観たいと思っていた作品です。
近くのリバイバル映画館にて上映されてました。

宮殿、主演女優2人、衣装、そして男達も。
華やかで~美しいわ~heart04

表面の優雅さとは裏腹の、いかにも中世ヨーロッパ的な、ドロドロ加減。
いやはや、素晴らしいですな。
(歴史には詳しくないけど)

王を愛してしまった姉妹。
野心のために、壊れていく家族。
最後に、本当の幸せをつかんだのは───。

姉妹で同じ男ねぇ、ウチもやっちゃいましたよ。(えぇ?)
でも、姉が幸せになるまでは、一切動きませんでした。

結局、私の眼は、フシアナ、だったのかもしれません。
相手が求めていたのは、妻ではなくて、親、だったのかな、と。
未成熟なのは、お互いさまということで。
(私は、情に流されやすいので、1人でいるほうが良いのかも)

いずれにせよ。
愛や情は、一方的だと、いずれ尽きてしまう。
そうであっても、持ち続けられる人間が。
本当は、一番強いのかもしれません。

野心家の姉アンと、純粋で優しい妹メアリー。
実際は、妹のほうが芯の強い人間だったんでしょうね。

愛に生きて、滅ぶのは、ある意味、本望かしら。
まぁ、自らまで滅ぶような愛は、危険なのですが…。

王役の俳優(エリック・バナ)が格好良いです。
ヒゲの似合う男も、えぇなぁ~。

・・・・・・・・・・
NHKで、うつの特集やってましたね。
私もダンナも職場も、自分の家族も。
うつうつ、しております。
(父親だけは元気だわ)

うつは、うつる、からね。
連鎖の糸は、簡単には切れないかもしれません。
職場の長がそれだと、困りますけどね。

まぁ、いつかは治るでしょう~。
なんて。
病気になってる本人は、意外とノンキなのであった。

趣味に没頭して、マイペースに暮らすことが、1番良いのですよ。(by先生)

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

きれてました

ブログも1ヶ月近くログインしてないと、勝手にログアウトsweat01
IDとパスワード、忘れてるので、あせった。

では、メモメモ。
最近観た黒澤映画(BS)
「用心棒」「赤ひげ」「七人の侍」

本とマンガは、読むスピードがのろのろ。
頭に入ってこないので、1日数ページペース。
今は「のぼうの城」を読んでます。
おもしれー。

仕事は、相変わらずバタバタ。
おもーい体を引きずりながら、残業してます。

職場の雰囲気がひどく淀んでいて、体調不良の社員も出てきたので。
自ら、対策&改善に乗り出しました。
少しはマシになるといいけど。
って、なんで、パートが、こんなことまでせなあかんねーん。
(社長よ、もっとしっかり、しなはれ)

祖母が亡くなって、1ヶ月。
夜になると、涙が止まらなかったのですが。
ようやく落ち着きました。

なんだか、祖母が私の中に入ってきたみたい。
そのせいか、従来の、ひねくれ者に戻ってきました(笑)

私が優しい人間だと思ってたら、それは大間違い。
うさぎの皮を被ってますが、本性は猫なので。

悪意を持って人を攻撃したり、他人をおとしめるような悪いヤツには、容赦しません。
自分の弱さを、親や他人のせいにするような人間も大嫌いです。

大人になったら、自分で責任とりましょう。
それが出来ないうちは、大人とは、いえませぬ。

って、私も弱い人間なので。
まずは、自分の弱さを認めるところから、始めま~す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »