« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

パッチギ

今日は、1人で街をウロウロ。
あちこちでセールしてて、服や雑貨を見てるだけで楽しかった。
周りには、カップルと家族連れがいっぱい。

全く落ち込まなくて。
不思議なほど、無感情な自分に驚く。。

私って、1人でいても平気な人間なんだ。
(新しい発見かも)
雑貨巡りも楽しそう、旅行がてらに行ってみよう。

いろんなのものをと手作りをしてみたい。
手仕事は、今まで無縁でしたけど。
将来、いつか露店とかに出せたら、と思う。
ゆっくり準備していけたら、な。

神戸では数少ない、ミニシアター系の映画館。
「シネカノン」が、今夜限りで閉館した。

そんなに足しげく通ったわけではないけど。
多くの良質な映画。ここでしか見られない
名作をたくさん上映してくれました。

「バッチギ」6時30分、最終の回に見ました。
映画館の歴史の最後の作品が観られる、というのも。
妙な感慨がありました。

くやしいなぁと思いながらも感動してしまった。
ラストは泣かされた~。
とても良い作品でした。

なぜくやしか、というと、井筒監督が、中居くんの「貝」をくさしまくってる、とのことで。
TVのコメントでも、悪いようなことしか言わない。
(よく知りませんけど)

そういう監督の映画は、どんなだ?って思ってたら。
ラブ&ピース、をテーマに出す割に、きな臭くなく。
なぜ戦争が起こるのか、なぜケンカが起こるのか。
朝鮮人と日本人であるより、まずは人間なのだ、と
そのことを、どんと突きつけられた気がしました。
青春映画、なのですけど。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

てんしょく

8月に入ってきたパートさんが、辞める、らしい。

もともと、正社員で探してるって言ってたし。
パートで雑用係というのは、もったいない、という感じだったので。
仕方、ないかなぁ。

このご時勢に、転職出来るというのも、すごいなぁ。
私は、とりあえず、今の職場で頑張るしかなさそう。
体調に考慮してもらえるだけ、ありがたい、と思っておきましゅ。

自分へのクリスマス&気合!も含めて。
うさぎのリングを買っちゃいました。
(ささやかなモンですが)

新しく出来たお店に入って、ふっと見つけたんです。
指輪の先に、ぷっくりうさぎが付いてましゅ。
リアルな感じが、かわゆいのです~heart04
(この出会いは、必然なり)
また、写真をアップしようっと。

そういえば。
紅葉の写真も、まだアップできてないや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ひぶつ

三井寺展(大阪市立美術館)を観てきました。

普段は姿が見られない、秘仏の数々が公開されてました。
とても見ごたえがありました。

いつか。
三井寺のほうにも行きたいなぁ。

京都も良いですけれども。
滋賀にも、良いお寺がたくさんあるのです。

不動明王(黄不動)の絵が、深く印象に残る。
向こうから迫ってくるものがあるというよりは。
こちらが引き込まれていく、ものでした。

手には剣、怒りの顔なのに。
その表情は、哀しみに満ちていました。

慈愛に満ちた仏もあれば、飄々としている仏。
お茶目な仏もありました。
新羅妙神坐像、という、白いおじいさんの仏は。
こちらの魂を吸い取りそうにいざなう細い手に。
背筋がぞぅっとしました。

ほとけ様を前にしていると。
ちっぽけなことにとらわれているのが、バカらしくなり。
雑念が、すぅっと消えてゆきます。

いろんなことを。
人のせいにしたくないなぁ…。

昨日、1日だけ。
実家に帰ってしまったのですけどsweat01

なかなか。
人間というのは、理屈通りにいかんのです…なんて。
どこぞの映画のセリフを、呟きつつ。

調子にのって動き周ったので、足が疲れてしまった。
ケガをかばってると、別の箇所が痛んできます。

まぁ、ぼちぼち、ですね。
いろいろと。

ウミノ先生のblog(いつも通ってる)が引越しされてて。
猫ちゃんの写真がアップされてました。

めっちゃんこ、かわゆぃー。
こんな子だったら、飼ってみたい。

浮気心がわいてきちゃう…にゃん。(にゃ?)

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

きれつ

今朝、ごっつ~んと。
テーブルの角に足をぶつけました。

お仕事中に、足の小指があおーく腫れてきて。
ミーティング中も、じんじん痛んで、足が冷たくなっていくので。
内心では、やべーべって思いつつも。
その場の空気に合わせる、パート労働者、その1であった。
(あまり表面には出ないタチらしい)

仕事帰りに、整形外科でレントゲンを撮ってみましたら。
骨に亀裂が入っておりました。
(リアルに、うつるもんだねぇ)

全治4~5週間、だそう。
特に、治療することもないらしく。
湿布をはるぐらい、だって。

今年はもう、踏んだりけったりだね、って。
親と携帯で話しながら、思わず笑ってしまった。

ケガは日数が経てば、必ず治るので。
気楽に構えられます。

とりあえず。
今年が、無事に終わってくれるのかしらん?

というか。
終わってくれ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

くもる

睡眠導入剤を飲んで、10分ほどたつと。
意識はぼやーとしてきて、文字が読めなうあって。

手お動きがおかしくんる
そお状態で、日記を描くとこぬあるなおだ。

今の私は、正常ではない。
精神は麻痺していてお穏やかだ。

しかし、つい1時間ほど前は。
何もかもに疲れ、泣いはらしていた。
きっかけは、職場のことやら、なにやら。。

思えば、自分を取り巻く状況の、どこにも
逃げ場がなく、安らぎもない。

何かをやる気もない、やれる体力もない。
不条理にふりまわさされ田結果だけど。

そのじゅほうじ、のせいにするのもイヤ、だkど。

じゃ。どうすれば、変わる?
自分が変わったって、職場なんて変わらんよ。
私が頑張ったって、ダンナがどうなるかなんて。

来年の予定は、真っ白なのええう。
もう、ちゃんと来年まで生きてるかしら?

生きてないから、予定が真っ白なんじゃないかしらあ?

私自身には嫉妬心、なんて
全くないと思ってけど。

そいう人がいると、
うつるもの、なのね。
そして、こっそり反撃されると。
グッと痛手を負うのです。

心の弱い人、脳の弱い人は。
いったい、どうすれば強くなれるのだえらぅ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

中途半端

何か、成しえるわけでもなく。
何か、特別な能力があるわけでもなく。

何もかもが、中途半端。

特に、音楽は、勉強も出来てないし。
周りはどんどんと、上へ向かっているのに。
自分だけ、同じ場所に留まっています。

能力が自分より上で、常に近くにいて。
マニアックなことばかりを、言われ続けると。
逆に気持ちがそげてしまったりする。

同じ趣味の人とは、絶対に一緒にならない方が良いよねって。
昨日も、友人とそんな話をしておりました。
(5時間もだべってた)

おじさんから、私が音楽を好きになってきたのは。
ダンナっちのおかげだと言われました。
それは、どうかなーと疑問。

その、音楽好きのマニアックなおじさんの子供は。
みんな、音楽が、きらい、になってしまった。
今となっては、理由が少しわかる気がする。

私は、基本的にカタイからなぁ。
音楽をやるのに、向いてないのかなぁとも思う。
楽譜どおりに演奏することはできるけど。
音が薄っぺらくて、かたいのです。
私自身が、そういう人間だから、仕方ないのだけど。

子供のころは、もっと自然なカタチで音楽が好きだった。
そもそも、カタチなんてものは、必要なかった。

大人になってから、演奏していてもどこか窮屈で。
どこかで構えてて、どこかで冷めてしまっていた。
だから、手に負えないような楽器を、やり始めたのかもしれない。

ようやく、ヴァイオリンも少しは弾けるようになり。
面白くなってきたかな、と思ってきたところで。
病気になってしまったので。
せっかくつかみかけたものも、すっかり失ってしまった。

とりあえず、来年の目標は。
ヴァイオリンのレッスンに行くこと。

そこからが第一歩。
新しく始めるつもりで。

いつの日か。
音楽をやっていて、幸せな気持ちになれたらいいな。

聴くのは大好きだけど、うん。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

おまつりが終わって

SMAPのライブ、楽しかったなぁ。
映画の舞台挨拶にまで行けて、幸せでした。

お祭りが終わり、満足しきって。
すぽーんと気も抜けてしまって。

ほわーん、ぼやーん、へろへろ~。
としてたら。

今朝。
思いっきり、ずっこけてしまいました。

い、いたいヨ~wobbly

全治、2週間、だそう。
右腕は、あまり動かせません。

ヴァイオリンのレッスン。
12月になったら、1回ぐらい行けるかなぁと、思ってましたが。
こりゃ無理だわ。

5月以来、ずっとフラフラしているので。
階段から落っこちないよう、車にひかれないよう。
自分なりに、気をつけていたのに。
まさか、平地で、ずっこけちゃうなんて。

あぁ、なんて私ってば、ドジなのでしょう。
(頭を打たなかったから、不幸中の幸いだと思っておきましゅ)


今年は、これでもか~というぐらい。
悪いことも、起きました。
無事に1年が終わってくれることを、祈るばかり、です。

明日は職場の忘年会。
3ヶ月ぶりに、牛肉が食べられるわshine
(どんだけ~)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »