« 根をはる | トップページ | フィラデルフィア美術館展 »

秋のコンサート

オーケストラ・アンサンブル金沢
指揮:井上道義

■プログラム■
宮城道雄/春の海(箏とオーケストラのための)

ハイドン/交響曲第30番ハ長調Hob.I-30「アレルヤ」

モーツァルト/交響曲第25番 ト短調 K.183

ベートーヴェン/交響曲第5番 ハ短調 作品67「運命」


★アンコール
ペールギュント/ソルベイユの歌
六甲おろし

・・・・・・・・・・・・・
「運命」って、実はすごい名曲なのです。
1楽章が、あまりに有名すぎて。
逆に聴きずらい部分もあるのですが。
今回で、2回目の生運命ですが、やはり名曲だな、と思いました。

しっとりした2楽章の、クラリネットの音色は最高。
3楽章、そして、間髪入れずに始まる4楽章。
あの緊張感がたまらない。
そして、改めて、とてもきれいな曲だなと思いました。

生涯モーツァルトは、短調の交響曲を、2曲だけかいたらしい。
そのうちの1曲が、25番だそうです。
(もう1曲は、あまりに有名な、40番ジュピター)

短調のモーツァルト、悲壮的で劇的で。
グイグイ吸い込まれていきそうな演奏で、素晴らしかった。

ミッチー(井上氏)の指揮姿も、素敵。
ダンディなのに、お茶目。

アンコールで、六甲おろしをやってくれたり。
会場の盛り上がりもヒートアップしていて。
普通のクラシックコンサートらしくない、雰囲気が。
これまた、楽しかったです。

|
|

« 根をはる | トップページ | フィラデルフィア美術館展 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35849/16572703

この記事へのトラックバック一覧です: 秋のコンサート:

« 根をはる | トップページ | フィラデルフィア美術館展 »