« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

これからの楽しみ

GW(5/4、5/5)に、夕日ケ浦(木津温泉)に行くことになりました。
天橋立にも寄りますし、日本海側を堪能してまいりたいと思いまーす♪
問題は、お天気だよなーぶつぶつ。

三谷幸喜さん作の舞台「コンフィダント~絆」のチケットが取れました。
ふふふ、久しぶりの観劇、楽しみなのですvv

5月には、久しぶりに創作オンリーイベントに参加。
まだ、何もやってませーん。
GW中に原稿頑張ろうっと(笑)

6月1日、2日は、連ちゃんでコンサートなのです。
クラシックとアイリッシュ♪

4月は、体調不良でウツウツと過ごしたので。
これからは、パーッと遊ぶぞー☆(笑)

昨日は、カフェで行われた、無料のコンサートを聴きました。
ケルト音楽と、スウェーデン音楽。
楽器は、フィドル(2種類)と、ギター(2種類)でした。
大きい方のフィドル、良い音してたなぁ~♪

ああ、壊れたバロックヴァイオリンのベッツ君、早くなおしてあげなきゃ。
こっちも、GWにするのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ぼくを葬(おく)る

フランス映画(2006年)公式HP

余命3ヶ月と宣告された、同性愛者の主人公。
彼が、取った行動とは───。


これほどに長まわしで、全くセリフもなく。
ただ、主人公の最期を静かに映した映画というのは。
初めて観た気がしました。

ベッドシーンがね、うん、かなりすごかったの(笑)
いや、本気でドキドキしちゃった。
男同士のシーンも、かなりすごかったのだけど。
3人のシーンは、なんか神秘的でさえありました。

主人公が、最期になって初めて見せた。
〝生〟に対する、遺すことに対する。
切ないまでの渇望。

ラストは、本当に静かだった。
こんな風に人生を終えることが出来れば、人は幸せなのかもしれない。
そう思える作品でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ママの遺したラブソング

シェイニー・ゲイベル監督(公式HP
ジョン・トラヴォルタ/ スカーレット・ヨハンソン/ ゲイブリエル・マック出演

母親と離れて暮らしていた娘が、母親が亡くなったという知らせを受けて、家に行く。
そこに住んでいたのは、アル中の中年男性と、若者が2人。
彼ら3人の奇妙な生活が始まり…そして。

あらすじ書くの、やっぱり下手っぴかも~。

心地良い涙が1すじ流れ落ちる、そんな映画でした。
やっぱり映画は、大スクリーンで観るのが良いのです。

ジョン・トラヴォルタは、相変わらず格好良い。
そして、スカーレット・ヨハンソンさんは、まさしく、ロリータセクシー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

マイペースとリラックス

常々、心がけていること(笑)

これが、結構むつかしいのです。
すぐに壁をバンバン立ててしまって、かたーくなっちゃう性質なので…。

私って、ダメだなぁ。
どうも、社交性能力に欠けているというか。
自己主張が下手というか。
存在感が、薄いというか…。

人間って、長く生きていても。
自分の本質を変えるのは、無理なのかもしれない。

そのうち、いらないって、会社に言われちゃったらどうしよう。

だって、無能なんだもん。
何も特別なことは、出来ないだもん。
だたの、しがないパート主婦だもん。

仕事が続けられるだけで、ありがたいのだけど。
やっぱり、体調のこととか、常に不安は付きまとう。
過去に2回、体調不良で続けられなくなったし…。

最近、ちょっと情緒不安定気味なのです。
とりあえず、リラックス~☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

13日ぶり…

アントニオ君(ヴァイオリン)を、久しぶりに弾きました。
ちょっと、グレてて、弦が、びよーんと外れておりました(笑)

まだ、体調がイマイチ…かな。
薬が切れると、咳も出てくるし。

今回の風邪はしつこいぞー☆ということで。
毎年恒例のお花見にも行けず…しくしく。

Epuron
最近、ハマッてる本↑

なんか、ちょろっと時間が空いたときに、ちょろっと読むのが面白い。
「これは良いアイデアだ~♪」というのが満載。
子供の頃に、母親がやってたのを、思い出したり。

昭和の匂いがします。
でも、なるべくなら、無くしたくない文化、でもあります。

☆ ☆ ☆
前に書いてた、友達のこと。
彼女、たぶん、ちょびっとだけ、私の母親に似てる。
心配性なとことか、こちとらに癒しを求めてるとことか。
どうやら、それで戸惑ってたようです。

美人は、苦労が多いからなぁ。
(その彼女も、すっごい美人なのよ)
本質的に、淋しがりやなのかもしれない。

それにしても、どうして私といると、癒されるって感じるのかな?
その辺りは、自分では、どうもよくわからない。

とりあえず。
なんか理由がわかって、スッキリした。

友達は何ものにもかえられない、大切な宝物だもの。
素敵な出会いに、感謝、感謝~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

最近のアニメとか漫画とか…

アニメ、最近はほっとんど、見てないんだけど。
「地球へ…」だけは気になって、初回から見てます。
(今日のはまだ未見だけど)

竹宮恵子さんの原作、むかーしに読んだような、読んでなかったような??
絵柄も昔風にしてるけど、なかなかにきれーな画面です♪

ドラマ「セクシーボイス アンド ロボ」
初回を見てみました。
原作は、黒田硫黄。
これは、漫画本を持ってます。
久しぶりに読み返してみたけど、独特な世界観が面白い。

ドラマの方は、ロボのキャラが、吉と出るか凶と出るか。
松山ケンイチさんって、デスノのLをやってた人。別人みたい。
三日坊主(死んじゃったけど)を演じてた獅童さん、良かったです。
こーっそり、応援しております。
(役者さんとしては、そこそこ好きなので)

セクシーボイスの子役の彼女、上手いですねぇ。
大物になりそうな予感。

漫画といえば…最近、オノ・ナツメさんが注目されてますね。
書店で特集を組まれてたり、今イチオシの作家さんなのかも。
(詳しくないから、よくわからないけど)

初めて、オノさんのマンガを読んだのは、創作イベントで買った本。
絵柄も画面の雰囲気も、かなり変わったなぁと思います。
プロになるっていうのは、こういうことでもあるんだな。
ところで、bassoさんと、同一人物なのかしらん?
(未だにわからない)

この前、いいとも(火曜日)を見てたら。
品川さんが、泣けるマンがで「鋼の錬金術師」をあげていた。
会場の反応が薄くて、本人は焦ってましたけど(笑)

ハガレンは、泣けますよねぇ、確かに。
最新刊(16巻)も、良かった。
私は、エドの性格は、アニメより原作の方が好き…かも。

最近の新しい作家さんの作品、ほとんど読んでないなぁ。
岩岡ヒサエさんとか、好き…だけど。
彼女の作品も、そのうち、アニメ化したりしそう。

創作活動、ぼちこら頑張らなきゃなぁ。
風邪、早く治したい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

花見

実家へ帰るついでに、通っていた小学校の桜や、道路沿いに植わっている桜を見ました。
もうすでに満開。綺麗でした♪
(写真は特にナシ)

ちゃんとした花見がしたいなぁ。

のどが腫れていて、微熱が下がらない。
症状が長引くと、ちょっとイヤだなぁ。

昨晩の職場での打上げで。
ちょっとした、波乱が起きました。

いろんな人、がいることが、会社には必要で。
だから、時には、ぶつかることも必要だし。
手を取り合うことも必要だし。

そして、こういうボケキャラも必要。
…ってことは特にない??

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

風邪…

…寒い。
サクラが満開なのに、この寒さはいったい。

風邪をひいてしまい、1ヶ月ぶりにお熱が出てしまいました。
今年に入って、3回目の風邪。
しかーし、食欲は衰えてないのです(笑)

今の会社に入ってから、少し太ってきました。
体調が戻ったら、泳ぎにでも行こうかなぁ。


☆ ☆ ☆
私ってば、ちょっとクールなのかしらん?
基本的には、受身なのかもしれないし。
なんといっても、面倒くさがりだし…(^^;)

でも、たぶん。
通じるだろうなぁと思う相手には。
気持ちを伝えようとするし、自分からボールを投げる。
そうじゃない相手になると。
無意識に、クローズしちゃうのかなぁ。

知り合って、2年近く経つのだけど。
未だに、距離感がつかめない…。

カタチよりココロの方が、大事だと思うのだけど。
たぶん、その辺りの感覚が、違うのかもしれない。

要するに、究極に面倒くさがりなのです。
だから、いわゆる女の子同士べったり~☆
みたいな付き合いは、到底無理!→開き直り??

久しぶりに、マンガをいろいろ買ったので。
ふとんに入って、読むぞー☆

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

発表会

長い長い1日でした。
なんとか、無事にヴァイオリンの発表会が終わりました。

反省点は、いっぱい!!!
(いやーもう、あげたらキリがない)

だけど。

初めて、ヴァイオリンの発表会で。
自分の音楽を、表現することが出来ました。

今まで、どうしても抜け出せなかった、最もダメなところ。
飛ぶことができない、臆病だった自分に。
生まれて初めて、打ち勝つことが出来た。

今回は、それが可能だという予感は、ちょっとありました。
困難な状況に陥ったからこそ、いつもの、ぼんやりしている自分のままじゃ、いけないと。
発表会のことだけでなく、他にもいろいろと、気が張った状態が続いてて、しんどかったけれども。

でも、負けたくなかった。
自分自身に。

今日は、一歩、新しい道に踏み出せた日、です。
そして、また、その道を自分は歩いていくのだろうな、と思います。

結局、仕事で出られないはずの旦那さんは。
予定が延びた、ということで、聴きにきてくれました。

内心では、あなたがいなくても、私はやれるんだぞ、っという姿を見せたいと思い。
本音では、冷静に聴かれるのは、イヤだなぁという部分もあり。

他の方の演奏を聴きながら、座席でドキドキして、パニック状態になりながら、待っているときに。
ふと、旦那さんがあらわれた瞬間。
不思議なほど、心が、すとんっと落ち着いて。
ああ、やっぱり自分は、この人がいることで、支えられているのだなぁと思いました。

と、同時に。
自分1人でもやれる姿を見せるぞっという気持ちも、強くなりました。

これからはもっと、自分の足でしっかり立って歩こう。
今回の試練は、必要なことだったのですね、きっと。

大人からヴァイオリンを始めた、という仲間も増えてきました。
1年に1度しか会わない間柄だけれども。
お互いの存在を励みにしながら、来年の発表会を目標に。
それぞれ、頑張っていける気がします。

ホントは、今後のほうが大変なのかもしれないなぁ。
(ぼそぼそ)
でもまぁ、基本的に、ゆるく生きるのがモットー&面倒くさがりなので。
ぼちこらと、続けていくだけ、なのかな。

それにしても。
発表会の最後を飾って下さった、先生方の演奏はすごかった。
さすがだなぁと思うのです。

今日は、たくさん。
嬉しい1日でした(*^^*)

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »