« お疲れさま…そして | トップページ | どうしよう… »

オケの迫力

以前、所属していたオケのコンサートに行ってきました。

プログラムは、
ベートーベンの〝エグモント序曲〟
モーツァルトの〝ジュピター〟
ドボルザーク〝新世界〟

アンコールは、ブラームス〝ハンガリー舞曲〟の第1楽章。

大曲ばかりです…すごかった。
いろんな意味で…。

素人オケにしては、まとまっていたなぁと思いました。
頑張り過ぎてるぐらい、頑張ってた。

……しかし、私には、無理。
こりゃー弾けませんわ(^^;)

モーツァルトは、ちょっと…難曲すぎた感じかな。
指揮者の方も、途中で迷子になってた。

こっそり帰ろうと思ったら、コンマスの人に会ってしまった。
「戻ってこないの?」と聞かれて、そのまま無言になってしまいました。
あまり否定的なことは言いたくなかったし…。

オケでは、幸せな気分で音楽が出来ないので。
自分が、楽しめる場所で、頑張ろうと思うのです。

ヴァイオリン友達は、楽しかったのかなぁ?
音に乗って、演奏しているようには見えなかった。

|
|

« お疲れさま…そして | トップページ | どうしよう… »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35849/14132470

この記事へのトラックバック一覧です: オケの迫力:

« お疲れさま…そして | トップページ | どうしよう… »