« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

ディパーテッド

マーティン・スコセッシ監督作品(公式HP
出演/レオナルド・ディカプリオ、マット・デイモン

アカデミー賞の監督賞&作品賞を受賞したということで、観てきました。
(ミーハー??)

ずっと、ハラハラドキドキしっぱなし。
リメイクの元作品も見てないので、最後まで展開が読めませんでした。

マザーグースの詩が頭に浮かびそうな作品。
主要人物は、みんな死んでしまう。

ハリウッドの映画は、あまり観ないせいか。
下ネタ連発のセリフには、最後まで馴染めませんでした。
場面転換が早くて、ちょっとついていけない部分もありつつ。
エンターテイメントせい、たっぷりでした。

始終、瞳をうるうるさせていて、不安そうなディカプリオが、可愛かった。
男の人で、あの目は、反則だよねぇ。
庇護欲そそられるのです~☆

ああ、そうか。
私って、そういうタイプの俳優さんが好きなんだ。
(今頃気が付いたのか?)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
菊池凛子さん、惜しくも受賞は逃しましたけれども。
黒いドレスが、すごく素敵で、綺麗でしたね~♪
これからの活躍が、楽しみなのです(*^^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

415ヘルツ

今日は、リコーダー3人衆(?)で、専門店へお邪魔してきました。
小さなお店でしたが、製作者直属で、雰囲気も良かった。
姉は、415ヘルツのアルトリコーダーを買うつもりらしく。
その下見でした。

オケなどで演奏されるのは、442(ヘルツ)。
普段、私がヴァイオリンを練習する時は、440の音叉にピッチを合わせてます。
(レッスンでは442ですけれども)

415(ヘルツ)になると、半音ぐらい低くなります。
これに耳が慣れるまでは、大変かなぁと思うのですが。
リュートにガット弦を張ると、415ぐらいの方が音の鳴りが良いので。
古楽合奏をしたい場合は、415のリコーダーが必要。
(壊れてしまった)バロックヴァイオリンも415ぐらいにしてました。

リコーダーは、1年に1度、メンテナンスが必要らしい。
私が今吹いているソプラノは、15年間、何にもやっておりません。
そこのお店で、楽器を診てもらうことは出来るそうですが、再起不能と言わたらショックかも~(^^;)

いったい、リコーダーの寿命ってどれぐらいなのだろう??

☆ ☆ ☆
昨夜は、夜中まで旦那さんと2人で飲んでました。
(2軒行ったせいか、久しぶりに2日酔になった…)
今日は、朝から、国際美術館で20世紀の絵画を見てきて。
姉と大阪の焼鳥店で、ちょこっと(?)飲んできました。

さすがに、胃腸がどーんと重いです。
20世紀の絵画は、色使いが汚いものが多い。
見ているだけで疲れたヨー(++)

明日から、プチ未亡人…じゃなくて、プチ独身。
最近、1人でいても、お酒を飲んでおります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

読書

最近、月2~3冊のペースで、読書している。
図書館でかりてきて読む、のが合っているかもしれない。
(お金もかからないし~♪)

予約していた本は、続けてかりることができないので。
なんとしても全部読もうと頑張れます(笑)

仕事の後、図書館近くのマクドまで行き。
本を読み終えるまで、そこに居座り。
閉館時間を過ぎて、返却BOXに、本を入れて帰ったり☆

今読んでいるのは、山崎豊子著「二つの祖国」
大河ドラマ「山河燃ゆ」の原作。
ものすごく読み応えがあって、グイグイ引き込まれる。
戦争の描写は、かなりリアルで、怖い。

最終巻の申し込みも、そろそろしなきゃ。

4月からは、ネットでも申し込みが出来るようになるらしい。
便利な世の中になったものです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

オケ

ヴァイオリン友達が、オケのチケットを送ってきてくれました。
私がやめた、市民オケのコンサートが、3月にあるそうです。

前回より、さらに難曲ばっかりのプログラム。
聴きに行くだけでも、かなりやばい感じです…(汗)

電話先で、あまりやる気のなさそうな友達。
私がやめてから、よく、オケの愚痴を言うようになった。

学生のノリのまま、やってる人たちの雰囲気。
大人になって楽器を始めた人は、やっぱり馴染めない。

オケでしか出せない、音がある。
それは、とてもとても魅力的だけれども…。

この年から音楽をやるのなら、別の努力、別の楽しみがいいかな、と思う。
友達にとっても、何か別の楽しみを見つけられたら良いな、と願うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

シチリアーノ

発表会でやる曲は、2曲とも、シチリアーノのリズム。
同じように演奏してしまうと面白くないので。

1曲はボーイングで、シチリアーノ。
もう1曲は、左手のビブラートで表情をつける。

…なかなか難しいのです。

さて、本番まで1ヶ月ちょい。
のろのろと、少しずつ、前進ー♪

| | コメント (0)
|

3ヶ月ぶりの練習

昨日は、合奏団の3ヶ月ぶりの練習でした。
コンサートが続いていたので、音楽活動はむしろ活発だったのですが。
(本番ばかりで、ちょっとハードでした)

合奏団の練習は、自分の音楽にとっても〝基本(ベース)〟になってます。
なんとなく、練習がないと、落ち着きません。

初っぱなの「花祭り」で大ミス。
うう…久しぶりのフォルクローレ、早くて手が動かない(汗)

ようやく、体が温まってきたところで、練習は終わり。
これからは、コンスタントに月1練習が再開するので、ぼちこら頑張ろうっと。

最近、ちょっと伸び悩み…の、リコーダー。
姉がえらく本気出してやっているので、かなり離されてる感じ。
私は今、ヴァイオリンに軸を置いてやってるしねぇ。
もちろん、リコーダーは好きなのだけど…。

アルトリコーダーの方が、表現力は豊かかもしれない。
ソプラノは音が高い分、どうしても、単調になりがち。
ヴァイオリンの表現力の豊かさは、そりゃ、もうすごいけど。
どっちにしろ、楽器を使いこなせない限り、ネコに小判なのにゃ☆

☆ ☆ ☆
今日は、ギターソロのコンサートを聴きに行きました。
ギターばっかり2時間…。
なんか、疲れた(++)

ギターソロのコンサートで、これは良かった!と思うものに出会ったことは、ほとんどない気がする…(辛口)
モダンの楽器は、音を大きくするために、別のものを失っている。
それは、ギターに限らず、ヴァイオリンも…。
大きなホールで音響がよければ、上手く緩和されるのだろうけど。
今日みたいな小さいホールは、ちょっと辛い。

☆ ☆ ☆
先日、すごく久しぶりにCDを買いました。
まずは、シベリウス没後50周年に出た、15枚組BOX!
うっふっふ、大きな買い物をしてしまいました。
1年かけてゆっくり聴いていこうっと。

大好きなヴァイオリニスト、五嶋みどりさんのCDも、1枚購入。
こちらも、シベリウスのヴァイオリン協奏曲。
気の狂いそうな、良い曲だと人さまから教えてもらってから、自分も気に入ってしまいました(笑)

あとは、旦那さんの誕生日プレゼントに1枚。
(=自分も聴きたい…笑)イギリスのヴァイオリニスト、ナイジェル・ケネディのCDを1枚。

バッハ、ビバルディなどが入っている、オムニバス版。
バッハの、2つのヴァイオリンのための協奏曲(ニ短調)は、ホントに名曲なのです。
すごく素敵な演奏で、泣けてきました。

千住真理子さんのCDで、この曲を聴いたときは、あまりのひどさに、途中で切ってしまいました。
一度、生の演奏も聴いたことがありますが、存在感が薄くて、記憶に残ってません。
あの方は、どうしてプロでやっていけるのだろう?

音楽の世界も、資本主義社会なのでしょうね。
そういう部分に乗っからず、好きだという気持ちで、音楽ができる自分たちは、幸せなのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

ビブラート2

今日は、ヴァイオリンのレッスンでした。
発表会まで2ヶ月を切ったので、ちょこっと真面目モード(?)になってます。

今回は2曲やるのですが、そのうちの1曲は、ビブラート多用。
そのために、苦手なビブラートをモノにしたいのです。
あまりにかけすぎると、いやらしい感じになってしまいますが、もともと、音を華やかにするために、付けるもの。

ただでさえ、地味な演奏なので、頑張ってみます(笑)

先生の指導で、音楽が変化していくのが面白い(*^^*)
って、本当は、自分がしたいことを、自分で見つけなきゃいけないんだけど…。
まだまだ、先は長いのです。

今日は、バレンタインかぁ。
最近、旦那さんは、毎日のように帰宅が遅いです。
家に居る時間が7時間って…(><)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ビブラート

バロック時代のリコーダーコンソートを楽しむ、という会に参加した。

リコーダーを片手に、老中?男女が集まり、ビオラ・ダ・ガンバ、チェンバロと一緒に合奏。
昨年結成した、自分たちのグループも、ゲストの形で演奏させてもらいました。

25年近く吹いているとはいえ、人前で、本格的なリコーダー演奏をするのは初めて。
ベテランの前で、視線もグサグサ刺さっているように感じる。
やけに、緊張してしまい、音が震えてしまった。

自分の勉強不足を実感しつつ、この時代の音楽は、やはり難しい。
人前でやればやるほど、落ち込む最近なのでした。

1曲だけ、ヴァイオリン(アントニオ君)を弾きました。
「バロックバイオリンのように、ビブラートをかけずに演奏してましたね」
と、感心されたように言われて、苦笑い。

心の中で「いえ、違うんです。私はビブラートがかけられないんです」って叫びました(笑)
やはり、私にはモダンの楽器が似合わないらしい。

最近、アントニオ君の低音が良い感じで鳴るので。
よしよし、と頭をなでながら、仲良くしているのでした。

リコーダー、もう少し頑張ろうかなー、うん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ごほごほ

明日は、仕事は休み。
ふー、3日間、踏ん張りましたー☆

現在、職場は、バージョンアップの準備に向けて、バタバタ。
ネコの手もかりたい(?)状態で、パートタイムの私の手も、それなりに必要。
手元にある仕事は、とりあえず終えました。
(また次、渡されたケド…)

電話サポートもしつつ…、咳が出ると止まらなくなるので、合間を縫って(?)対応。
(発作時に引っかからなくて良かった)
咳が奥深くなってきて、苦しいです。
体のほうは、熱に慣れてきたようです(苦笑)

明日は、ゆっくり休養できる…かな。
楽器の練習は、やりたいです。

不思議なゲームを見つけてしまいました。
http://www.ouverture-facile.com/riddles/index.html

やりだすと止まらなくなりそう☆やばい。

友達に教えてもらった「数独」のドリル、いまだにレベル1をやってます。
まぁ、ぼちこらと、ボケボケ頭を鍛えたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

うー

昨日の夜から、のどが痛い。
今年、2回目の風邪…というより、ちゃんと治ってなかった気もします。
仕事から帰って1時間ほど横になりましたが、夜になると、熱が上がってくるらしい。
(わざわざ、計ってないけれども)

今日は、早く寝れれば、と思いつつ。
連日、旦那さんの帰りが遅いので。
晩ご飯の用意ぐらいは、しておかなきゃ☆

ハードな日々が続く旦那さんは、とりあえず健康。
なんとか、気力で持ちこたえている感じ。
そのうち、ドカッと大きな波がきそうで、こわい。

明日の仕事、行けるかなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

リコーダー、リコーダー

昨日は、合奏団の有志3人で、リコーダー合奏をしました。

1人は、超ベテラン。
1人は、熱心にレッスン通い。
かたや私は、合奏団やコンサートの練習の時にしか吹かない、いい加減さん。

ルネッサンスやバロック期の曲から、現代曲あたりまで、ほとんど初見。
なかなかに、ハードな時間でした。
(あまりに必死になって楽譜とにらみ合いをしたため、左目の下が顔面神経痛みたいに、ピクピク~)

来週、20組ぐらいが楽器を持ち合って行う、コンサートがあり、誘われて出ることになりました。
リコーダーの先生が主催なので、いろいろ勉強になりそう。

勉強不足なので、ルネッサンスやバロック期の音楽は、どのように演奏すればいいのか、まだよくわかりません。
あぁ、ダメだなぁと思いつつ、今はヴァイオリンで精一杯。
いやいや、ちょっとずつでも、頑張るべし。

旦那さんによると、バロックヴァイオリンは、自力で直さなきゃいけないようです。
(大した壊れ方じゃないらしい)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

それでもボクはやってない

周防正行監督(公式HP
加瀬亮、瀬戸朝香、山本耕史、もたいまさこ、役所広司etc

日本という国の、組織中心、国中心、権力主義な部分が、垣間見える。
とても、見ごたえのある作品でした。

おそまつな取調べ。
容疑者を作り出す、裁判所の体制。
99.9%が有罪、という、裁判の現状。

こわい…なぁと思いました。

やったと言えば、お金を出して、すぐに釈放される。
(前科者にはなってしまうが、本人が黙っていれば、誰にもわからない)

やってないと言い通し、無罪を主張すれば。
4ヶ月も拘留され、200万円の保釈金を払い。
そして、12回も裁判の公判が続く。

ああ、日本という国は、なんて、融通のきかない…というか、柔軟性がないというか。
滑稽なぐらい、変。

映画は面白かったけど、ショックでもありました。
文章を書くのは不得手なので、思ったことの半分も書けないけれども。

ラスト、あまりの不条理に、怒りが湧き起こってました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

良かったー!

先月、のある日のこと。
いつの間にか、携帯電話がネットに繋がったままになっていました。
後で、そのことに気が付いて、もうビックリ☆
通信料がすごいことになってるんじゃないかと、冷や汗もの。

HPから料金が見られるように設定を変えて。
本日、おそるおそる料金を確認。

よ…良かった。
普通の金額だよ~(TT)

いやぁ、もう、何万とか請求が来るんじゃないかと思って。
いっぱい働かなきゃ~って。
予定では休みだった日に仕事入れたり。
とにかく、あたふた~してました。

あぁ…良かった。ホントに良かった。
今は、ロックをかけてます。
ロックを解かない限り、ボタンを押しても動かないので、一安心。

携帯は、常にケチケチ使ってます。
パケット割引に入ってないから、ネットに繋げると大変なことになっちゃう。
今のだと、基本料金のうち1000円は、通話料以外に、メールやwebに配当出来るのです。
それで十分かなと思いつつ、入会しているジャニーウェブのサービスすら、ほとんど見てない、というのも、何だかなぁ。

しかし、普段はほとんど使わないものねぇ。
家族や友達とも、携帯でやり取りは、あまりしないし。
ヴァイオリン友達と、頻繁にCメールを交換している、ぐらい…。

携帯を使う、という習慣が、まだ身についてません。

実際、持たなくても良かったんじゃないかって思いつつも。
いざという時は、やっぱり必要なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »