« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

ユナイテッド93

アメリカの同時多発テロで、一機だけ、墜落した飛行機があった。
それが、ユナイテッド93型機。

ドキュメンタリー映画のような作品でした。

奇をてらった演出は一切なく。
善悪の観念があるわけでもなく。
ただ、淡々と、起こった〝現実〟を忠実に描いている。

だからこそ、余計にこわかったです。
普通に生きてきて生活している人たちが遭遇した、恐ろしい事件。
同時多発テロが起きたときの、どうしようもない、悲惨な状況。

あの日を境に、世の中が、世界が狂ってしまったことを、ひしひし感じて。
背筋が寒くなったと同時に、涙が溢れてきた。

イラクに2万増派するという、アメリカの大統領。
あの巨大国は、いったい、どこへいこうとしているのか───。

「No more war!」と叫びながら、反戦デモを繰り広げる人たち。
テロで亡くなった人たちの遺志は、生き残った人たちに、きちんと引き継がれていると、そう信じて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

め、目が~!

寝違えたのか、首がアイタタ~なのです。
(まわりません)
腫れてるみたいだし、何をやったんだろう?私??

そんなこんなで、今日はヴァイオリンの練習はお休み。
(練習時間も取れなかったけど)

眼鏡のフレームを、新調しました。
定期健診へ行った際に、フレームがひび割れてて、壊れて落ちたらレンズが割れますよーと言われました。
1時間弱で新しいフレームに変えてもらえるとのことで、その場でお願いしました。

で、眼鏡ナシの裸眼状態で、店を一歩出たとたん…。
こ、こ、こえぇぇ~。

人の姿はモヤモヤしていて、しょっちゅうぶつかりそうになったり。
階段の段差がわからなくて、つんのめりそうになったり。
(壁をつたって、そろりそろりと降りました)

うううぅ、ちゃんと見えないって、こんなに大変なんだ。
視力0.01以下の恐怖なりよ。(→視力悪すぎ!)

ううむ、眼鏡やコンタクトのない時代だと、普通に生活できなかったかもしれません。
眼鏡をかけた瞬間、世の中がクリアーに見えて、ああ、今の時代に生きていて、良かったーと心から思いました。(→大げさ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

楽しくなってきた

昨日、仕事の後、ヴァイオリンのレッスンへ行ってきました。
ふっふっふー。
祝!ふっかーつ!

ようやく、スランプ?を無事に脱出。
楽しい気持ちで弾けるようになってきました。

オープンに、自由に!
今年の課題は、これかな。

NHK「プロフェッショナル」。
指揮者の大野和士さんの回を見ました。

なんという、熱き音楽魂。
なんという、意思の強さ。

1つの音楽を作り出す、パワー、情熱。

指揮者の役目は、演奏者を解放することだ…という彼の言葉が、胸に残りました。
機会があれば、彼の指揮を聞いてみたいのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ピアノの森

一色まこと著/講談社

久しぶりに、時間を忘れるぐらいに、マンガを読みふけりました。
面白かったー!!

テーマがピアノ=音楽ということもあり、今の自分にとっては、ずっしんずっしんとくる内容でした。
(涙腺がゆるみっぱなしなのです)

結局、今の自分を縛り付けてるのは、自分なのか。
しかし、この呪縛は、なかなか解き放たれません。
自分の音楽が好きになれない、それが苦しい。
いつから、こんなに、堅苦しい演奏しか、できなくなったのだろう…。

ピアノをバンバン弾いても、全然、楽になれない。
久々だったこともあり、手が全く動かなくなっていて、逆に落ち込む。

バロックバイオリンが壊れたことは、まだかなりショックで。
しばらくは、立ち直るのは無理かもしれないけど。
でも、音楽はもっと自由でいいのだと、ちょっとそう思えてきました。

もしかして、アントニオ君を見捨てようとしたから、あっちが壊れたのかもしれない…。
どちらにしても、修理の手段を見つけなければ☆

みっちゃん、コメントありがとうね。
楽器が目の前で壊れるなんて、初めてだったから、ビックリしたよ。
かなり大きな音がしたし…。
物事は、考えようだよねぇ。
姪っ子には「買えばいいよ」って言われた。
若干4歳の子供に、なぐさめられてしまいました(笑)
車、気をつけてねぇ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

不眠…

楽器が上手く弾けないーって、怒ってるとか。
仕事が出来ないーって、焦っているとか。
なにかに、追いかけてられて、逃げてるとか。

最近、そんな夢ばっかり、見てます。
寝た気もしないし、実際、ちゃんと眠れてません。

っと、こんな気分なので。
気晴らしにでも思って、久しぶりにバロックヴァイオリンを弾いてたら…。

楽器が、ぶっ壊れました!

・・・・・・
・・・・・・

先っちょのトコが、ブチッと切れて、弦が外れて、コマが飛びました。
顔に当たらなくて良かった。

楽器をなおせるところなんて、知りません(TT)
どうしよう。

なんだか、物事が、悪いほう、悪いほうへとゆきます。
大人しくしておくのが、良さそう。

ああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

烏原貯水池

ちょっくら、散策してきました。
子供のとき以来の、懐かしい場所。
鵯越の烏原貯水池。

枯れ木と、すこしさびれた町の雰囲気。
鳥はえらくにぎやかにさえずってました。

音楽も創作も、すっかりサボり気味。
しばらく、ネット時間を減らそうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

クレールの刺繍

2004年/フランス
エレオノール・フォーシュ監督

17歳の少女クレールが、望まない妊娠をし「匿名出産」(秘密は守られ、子供はすぐに施設へ預けるというフランスの制度)を決意する。
息子を亡くしたばかりの刺繍職人、メリキシアン婦人の元に雇われ、お互いに傷ついた心を、静かに癒していく。
紡がれていく刺繍作品が、とても繊細で綺麗です。

とても、静謐な作品。
セリフも少なく、音楽もほとんど使われてません。
そのせいもあって、登場人物の心情が、しんしんと心に染みてきました。

女性監督の独特な感性で、描かれている作品だと思いました。
クレールを演じたローラ・マネルク、存在感があって、表現が素晴らしかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

なんくるない

心が風邪をひくときもあるのです。
こういう時は、海底の石のように大人しくしておこう。
基本的に、根暗なの。

震災から12年。
あの日を境に、新しいことをいろいろやり始めて。
必死に走ってきた、気がするけど。
まぁ、ちょびっと疲れたのかもしれない。

命は1つしかないので、大切にしつつ。
マイペースで、のんびりやっていけたら、いいかな。
体の風邪もまだ治ってないし…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

音楽が苦しくなる日

うーん、まさか、こんな日が来るとは思わなかった。

最近、ヴァイオリンのレッスンが全く楽しくありません。
ビブラートやボーイングのことばかり考えて、自分がどんな風に演奏したいのか、わからなくなりました。

人前で演奏することで、自分が丸裸になるのが苦しい。
存在感のない自分は、演奏者として、失格だと思う。
メロディパートなんて、本当は向いていないのに。
絶対に間違えてはいけないパートを担うことは、重い。

音楽がなくなれば、私は終わりかな。
意外と、楽になっちゃったりするのかもしれない。

今まで本当に、音楽が好きでやってたのかなぁ。
旦那さんから、ほとんど毎日のように、マニアックな音楽話を聞くのも、正直、しんどくなってきました。

飛べる人には、それが出来ない人の気持ちなんてわからないのです。
こちとらは、地べたでも、何とかはって歩くのが精一杯。

ああ、音楽が苦しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

明日はコンサート

今年一発目。
明日は、朝から現地でリハ、そして本番。
滋賀県なので、ちょっと遠い。
コンサート後は、打上げ~♪

いつもの合奏団のメンバーとではなく、新しく組んだユニット(?)での初コンサート。
なので、ちょっとドキドキ☆なのですけど。
1回だけで終わり…ってことに、なりませんように。

まだ風邪が治っておりません。ごほごほっ。
熱もありそうだし(→計ってないけど)
ああ…いやな予感~☆なのです。
いやいや、大丈夫。すぐ元気になりますってば。

本日はフル稼働なりよ。
なんだか、ぐったりと疲れてしまいました。

「バーゲン」に1件TBがついてて、コート専門のブログでした。
勉強になりますねぇ、ふむふむ。

実は、最初〝トレンチコート〟をまちがって〝フレンチコート〟って書いてました。
なんか違うなって思って、ヤフーで検索したら。
〝トレンチコートの間違いじゃありませんか?〟って、ていねいに教えてくれました。
さすが、ヤフーだ(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

バーゲン

今年の冬のバーゲン、珍しく、いろいろ買っちゃいました。
といっても、デパートには近寄りもしておりません(笑)

福袋は、今まで買ったこともないのです。
サイズが合わなかったらどうしようとか、好みのものじゃなかったら、もったいないなぁとか…。
それなら、気に入った服を1着、買ったほうがいい。
(って、根っからの貧乏性なのかも)

買ったのは、茶色のトレンチコート。
赤色のハイネックセーター。
からし色の、薄手セーター。
薄手のカットソーと、薄手のピンクのセーター。
あとは、ニット帽。

Sp1010087_1
このニット帽は、リバーシブルで使えるし、色も好きだし、お気に入り~♪
今年の冬は大活躍しそうなり。

さて、冬の買い物は、これで一段落なのです。
ズボンも一着欲しかったのですけど、ユニクロにしよう(笑)

日曜日は、ヴァイオリンのレッスンでした。
4月の発表会に向けて、練習。
弓の使い方が、まだまだ出来てなく、一本調子な音楽になってしまう。
あとは、ビブラート。
手と腕が同時に動いてしまっているらしく、相殺されて、結局、ビブラートがかかってないことが発覚☆
どうして、こんな変なクセがついてしまったのだろう…。

課題はいっぱいあるので、すこーしずつ、上達しけたらいいなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

新年会

昨日は、会社の新年会がありました。
しゃぶしゃぶの後は、カラオケ♪
アニソンとか、普通に歌えちゃうんだ…この会社。
どうも、社長さんが、ガンダム通みたいですし(^^;)

私は、とりあえずは、大人しくしてます。
パートですし、まだ新人ですしね。
(カラオケでアニソン歌っちゃったけど☆そこそこ受けてた…笑)

もともと、自分の話とか、するほうじゃないのです。
家族にも話さなかったしなぁ…。

いつもタイミングが悪くて、大きな事件があったときも、聞いてもらえなかったからねぇ。
姉みたいに、言いたい放題したい気もするけど。
ナイーブな母上のことを考えると、つい、黙ってしまう。
あの人は、絶対に私は安全だと思ってる。
姉の前では母親だけど、私の前では甘えてる感じ。
電話の対応とかも、ぜんぜん違うもんなぁ。
まぁ、しょうがないなぁと思うのでした。
だって、いってもね、もう年だものね…。

最近の旦那さんは、何を考えてんだか、わからん時もあるし。
義理父母の雰囲気が悪くて、年末年始の旦那の実家は、居心地が悪かったし。
ホントは、ちょっぴりやさぐれております。

所詮、人は1人か…(ふっ)→??

仕事は、ぼちこら覚えて、そのうち戦力になれるようになれれば、と思います。
うん、まぁ、少しずつでも自信がつけばいいかなぁ。
(まだトラウマってたのか?)
それがゆるされる会社みたいなので、良かった。
まぁ、マイペースが1番なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

あ はっぴーにゅーいやー

2007年に突入しましたね。
今年は、しょっぱなから風邪で寝込みました。
(あうう…)

1月中旬のコンサート練習も終えて、明日からは通常勤務。
今年も、よく飲み、よく笑い、よく演奏!

一発目の鑑賞作品。
「ALWAYS~3丁目の夕日~」
(TVの録画DVDを、ようやく見た)

古き良き昭和…の雰囲気が作品全体をセピア色に優しく包んでいる作品でした(*^^*)
ラストでは、うるうる~。
お約束だとわかっていても、やはり泣いてしまいました。
続編も楽しみなのです。
(TV放映を待ちます…笑)

1月期ドラマは、やはり「華麗なる一族」が楽しみ~☆
TBSの重厚なドラマ、見ごたえがありそうです。
久しぶりの福澤監督ですものね。
砂…から早3年かぁ。
さて、あの人は、いつ役者の仕事をしてくれるのだろう…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »