« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

おさぼり

昨日、今日とヴァイオリンの練習をさぼってしまいました。
イカンイカン…(+_+)

相当に疲れていて、いつもより高く熱が出てます。
ワタワタと次の仕事を探したり、面接を受けたりしてるけど。
こんな状態じゃ、受かるワケもなく…。
(面接の受け方の勉強をした方が、いいかもしれん)

今の仕事は9日まで。
ホントは今月末で終わりにするハズだったのに。
その方が楽だったのに。
中の状況が落ち着いてない、という判断で。
自ら首を絞める私。
今さら、職場のことを考えても仕方ないのだけど。
頑張ったからといって、別にどうにもならない。

ああ、不毛…。
しかし、それが人生さ~♪
(何を歌っているのやら…(・・;)
単に、生き方が下手で、不器用なだけかもしれない。

まぁ、こうやって、ワタワタと溺れかけながら、前へ進むしかないのかな。
もう少し、人生って楽しいと思うんだけど。
なんだか、いろんなことがしんどい最近なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

オケコンサート

~プログラム~

■歌劇「フィガロの結婚」序曲/W.A.モーツァルト

■ヴァイオリン協奏曲ニ短調/R.シューマン

■交響曲第32番ト長調「序曲」/W.A.モーツァルト

■弦と木管のための室内交響曲へ長調/D.ショスタコーヴィチ

アンコール
Lyrisches Andante/Max Reger

正味、2時間ぐらいのコンサートになりました。
今年は、モーツァルト生誕250周年。
ショスタコが、100年。
シューマンが150年なので、その記念で選曲。

有名な曲ほど、逆にアラも目立ってしまう。
モーツァルトはスピードが早くて、弾けませんでした(+_+)

ショスタコが、1番弾いていても楽しかった。
オケ合奏の醍醐味みたいなものを、ほんの少しだけ味わえた気がします。
超マニアックな曲ですし、二度と弾くことはなさそう☆

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

練習しなさい

今夜は、えらく早く帰ってきた旦那。
一応、体の心配をしてくれてたらしいけれども。
ご飯を作るのは、この私なんだぞーっと(笑)

で、楽譜立てを見て、チェックが入る☆
「今日は、ヴァイオリンの練習、してへんやろ?」
「うーん(ごまかしっ)ちょっと休憩かな~」
「毎日わずかな時間でも弾いとかな。調子とか、コントロール出来るようにならへんで」

…というわけで、ご飯の後に練習なりよ~。
旦那さんに、背中を押されるとは…ね。

毎日、必ず弾くようにしてると、いろいろとわかってくることがあるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ぐだぐだ

昨日は、旦那さんは咽頭炎でダウン。
乗じて、自分も看病休み~のつもりが、発熱しちゃった。

今日も、朝から動けずに寝込む。
そうこうしているうちに、旦那さんも会社を早引き。
(今、となりで寝ておりますだ)

ぐだぐだ夫婦やね(・・;)
まぁ、こういう時もあるか。

仕事の面接、ダメでした…(T_T)
何がいけなかったのだろう?
無愛想だから??(爆)
なんだか、当分は後厄が続きそうな予感☆

昨晩のスマスマの影響で、ユーミンのカセットテープを引っぱり出してきて「カンナ8号線」を聴く。
あ~良い歌やわ~♪
切なくて、哀しい失恋の歌なのだけど、ノスタルジックな気分に浸ってしまう。
ユーミンの曲の中では、ベスト3に入るぐらい好きvv

で、急に「BANANA FISH」が読みたくなって、最終巻を読んで大泣き…。
アッシュ~(T_T)(T_T)(T_T)
ユーミンとBANANA FISH、意外とマッチング~(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

モーツァルトの弾き方

どうでもいいけど、今日は誕生日だぞ☆
ああ…これでまた1つ年を取ってしまいました。
30過ぎたら、もう同じだけど…。

18日はヴァイオリンのレッスンに行ってきました。
行き詰まって、苦しんでた私にとって、新しい風が吹いた、貴重な時間でした。
先生の、オケに対する熱き思い、先生のお兄さんの話。
モーツァルトの弾き方のコツ、も教えて頂いて、少し光明が見えてきた感じ(*^^*)

しかし、1つのことに対して、こんなに真剣になったのって、久しぶり。
しんどいよ~辛いよ~苦しいよ~の三重苦なのだけど。
そういう経験って大人になると、なかなか出来ないよって先生に言われて。
苦しむのも、悪くないかなっと思えてきました。

さて、本日から、厄とはおさらばなのです。
…おさらば、したいのよ~☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

大手術

アントニオ君、大手術をしました。
指板を削ってもらって、コマも補正。

タッチが柔らかい~♪
こんなに、弾きやすくなるとは…(T_T)

調整家の方は、年配の人でしたが、人当たりも柔らかく、良い方でした。
待っている間、例のごとく、いろんな楽器を触らせてもらいました。

手持ちのお金が足りなくて、きちんと支払いが出来ない、という失態をおかしてしまいましたケド(・・;)
ああ、先生のお顔を立てなくてはいけなかったのに。
私のバカバカ~#

朝は、仕事の面接。
昼からは、ヴァイオリンのメンテ。
空いてる時間のほとんどは、ヴァイオリンの練習。

…何だか、ヘロヘロしてる最近なのでした。
(ちゃんと眠れないっていうのが大きいかも)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

イタイ

筋肉痛を通り越して、左腕の筋が強張っております。
寝ていてもズキズキ痛む。
サポーター、いるかなぁ。

こんなに必死になって練習するのは、初めてかも☆
今日は、仕事から帰って、みっちり2時間やりました。

それでも、足りない。
時間も練習量も、全然足りないよー(><)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

上達してる?

昨日は合奏団の練習。
今日はオケの練習でした。

連日、オケの曲を練習して、かなり煮詰まっていました。
弾けない~弾けない~弾けない~。

昨日の合奏団の練習で、久しぶりに歌の方が参加して下さいました。
素敵な歌声と合わせてヴァイオリンを弾いているうちに、楽しくなってきました。
大好きな、アイリッシュの曲も演奏できました。

練習後「ヴァイオリンらしい音になってきた」と言われ、練習の成果が少しでも出てきたようで、うれしかったです。

今日のオケの練習では、ようやく自分の音が、オケの音色に混じってきたように感じられました。
(まだまだ、変な音が出たり、間違ったりしてますケド)

あと2週間。
必死に練習すれば、本番までに、もう少し上手く弾けるようになれる。
今は、とりあえずオケのことだけ考えておきます。

…就職活動もしつつ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

決断☆

今月末で、仕事をやめることにしました。
PCに詳しい社員さんが補充されたし、お役目ご免です。

最初から一緒に仕事をしていた社員の男の子は、水曜日で退職しました。
同じく、最初から一緒だったバイトの女の子にとっては、2人がやめてしまうことになって、淋しいようです。

すでに、次の仕事を、探し始めてます。
体と相談しつつ、無理のない時間帯で。

さてさて、どれだけ働けば、ヴァイオリンが買えるんだろう?
(一生、無理かもしれないなぁ~笑)
楽器を続けるために&SMAPのライブへ行くために、稼がねば☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

相談

ヴァイオリンのアントニオ君。
コマが高すぎて弾きにくい、ということを、ようやく先生に相談することが出来ました。

「そんなに悩んでいたのね」
と先生。

昨年の暮れに手を痛めてから。
もう、ずっとずっとずーっと、悩んでます~!!

調整家の方と考えが合わない、ということも、ハッキリ告げました。
一度、縁を切ってしまったら、もう戻れない。
相手は職人気質の頑固な方なので、それは承知の上。

その調整家の方は、入荷したヴァイオリンのコマを全部、わざわざ付け替えるほど、コマの高さにこだわってます。
高いコマの方がよく響くし、大きな音が出る。
左耳がおかしくなる人がいるぐらいです、と。
そこまで、大きな音を求めてる人もいるかもしれませんけど。

私は、柔らかくて弾きやすくて、優しくて、芳醇な音の方が良いんです。
何度そう言っても、結局は伝わらなかった。

弾いてて、押さえるのに大変だし、隣の弦の音まで鳴ってしまうし。
練習ごとに、イライラ~してしまって、精神衛生上も悪い。
毎日のことですものね。

先生に相談して、ようやく解決の道が開けそうです。
5月末のオケの本番までに、何とかなれば、御の字なのです。

ああ、もう、アントニオ君に振り回されっぱなし。
そうでなくても、下手なのに、弾けないのに。
楽器自体が弾きにくいと、どうしようもない。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
職場の男の子が、予定より早くに退職。
いろんな事情が重なって、可哀相なのです。
趣味の話とか、しゃべっててとても楽しい相手だったから、淋しい(T_T)

今日から新しい人が来て、何と1回りも年下…。
どうにも、状況に付いていけません。
所長とは、相変わらず~ちぐはぐ。

時給は計算すると710円。
もうそろそろ、限界かしらん??

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ダメダメ

今日は、昼からオケの練習がありました。
最初から参加したのって、何だか久しぶりなのです。
始めは、頑張るぞーってやる気に満ちてたのが、だんだんと落ち込みモードになり。
練習が終わる頃には、「ダメだー☆」状態。

自分がちゃんと弾けないってことが、辛い。
気持ちはあるのに、手が動かない。思うように音が鳴らない。
こうして、情緒不安定な日々は続くのであった。
ダメダメモードになると、とことん自己否定しちゃう。
惨め~な気分になってしまうのです。

毎日、1時間弾いたところで、全然足りません。
ヴァイオリンの方にも、まだ問題が残ってます。
とりあえず、コマを低くする方法を考えなければ☆

私って固いよなぁって、よく思う。
しょぼくれてるだけじゃなくて、カチカチなの。
自分でも、よくわかってるんだけどねぇ。
もちっと、人当たりの良い人間だったらよかったのに。

こんな私を慕ってくれる友達に対しても、最近素っ気ないのです。
ごめんなさい。
私自身の問題なのです。
その方は、ここ、知らないけれども。

人とのつき合い方、ようわからへんねんよ。
あんまり、ベッタリとはつき合えへんのよ。
人と、全部を共有したいとは思わへんのよ。
感情を押しつけられるのは、苦手なんよ。

…私って、やっぱりどこかが欠落してるのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

大絵巻展

Hig_e02 京都国立博物館で行われている「大絵巻展」へ行ってきました。
いやー、面白かった~ヽ( ´ー`)ノ

念願の鳥獣人物戯画の甲巻を、生で見られて感激~。
躍動感があって、生き生きしていて。
うさぎが可愛かった~ヽ(*´▽`*)ノ

ただ、すごい人だったので、案内の人が「早く進め、早く進め」ってうるさいこと。
もっと、じっくり見たかったのに、すぐ横から、スピーカーで大声で言われて、落ち着きませんでした(+_+)

期間中に展示が移動するので、もう1回ぐらい行きたいです。
(今度は、もっとゆっくり見たいよ~)

それにしても、絵巻物って、すごい文化なのです。
アングルが俯瞰で、建物のパースも、難しい角度から描いてあって。

ストーリーは滑稽で楽しく、歴史物は大河ドラマのように壮大。
平安~鎌倉期の絵巻物が、特にすばらしかった。
江戸文化は、絵巻物よりは浮世絵なのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

本気になってみたら

最近、本気になることがない。
いつもどこかで、病気のせいにしたり、別の言い訳を探して、逃げ道を作ってきた。

今回だけは、ホントの本気でそれに立ち向かわなければ、出来ない。
自分の行動が、モロに結果となって返ってくる。
だから、久しぶりに、本気になってみることにする。

好きか、嫌いか、向いているかどうか、なんてことはどうでもよくて。
ただ、練習しなきゃ、弾けない。
だから練習するだけ。

がむしゃらになってみよう。
そうすれば、何かが見えてくるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »