« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

老人ホームコンサート

昨日は、おばあちゃんが入居している老人ホームで、コンサートをしました。
94歳の誕生日祝いも兼ねて。

元気そうで、表情も生き生きしていて良かったです。
記憶がごっちゃまぜになってたり、急に忘れたりするのは、仕方ないかなぁ。
小1時間ほどのコンサートでしたが、楽しんでもらえたようで良かったです。

「世界の音楽」というテーマで、アメリカ、ロシア、ヨーロッパ、韓国、そして日本の曲をやりました。
締めは「ふるさと」
歌詞を見なくても、みんなが歌える、という曲なのです。

1曲だけ、チェロの伴奏でピアノを弾きました。
いろんな楽器がやれて良いですね、と声をかけて下さった方もいました。

でも、どれもが中途半端なのです。
ヴァイオリンは、なかなか上手くならないし。

ホントは器用なんかじゃない、裏ではそれなりに努力もしてる。
でも、人の心に届く音楽、自分の音楽を創ることは出来ない。

自分に自信がないから。
感情が出せないから、音楽が無色透明になってしまうのです。
自分でも、それはよくわかっているのですけどね。
致命傷だわ、ホントに。

家族の中にいると、どうしてこんなに苦しいんだろう。
(姪っ子がいてくれて、心が和むのです)
子供ですら簡単に斬ってしまう、残酷な父親。
芸術家は、独断と偏見の塊で生きてます。
私って、もしかしてファザコンかもしれないなぁ、と初めて思いました。
多分…そうなのだろう。


■今日はオケの練習に参加してきました。
本番まで、1ヶ月を切って、練習にも熱が入ってきたようです。

半分しか出ない、という状態で、気持ち的にも、どうしても後ろめたくなってたところで。
「全部やりませんか?」と声をかけて下さった方がいて。
ベテランがどんどん抜けていくオケの中で。
すごく一生懸命に頑張ってらっしゃる方なので。

その方が声をかけて下さるのなら、私も挑戦してみようかな、もう少し努力してみようかな、と。
考えが変わってきました。

弾き終わって、ヘロヘロに疲れ切ってしまっても。
最後まで、舞台に居たい。

過去に、風邪ひいて熱が高い時でも、舞台で演奏しましたし。
人前に出てしまえば、何とかなるものなのです。

…もうちょっと、頑張ってみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

たけのこー♪

昨日、初めて生のたけのこを買いました。

皮を剥いて、ぬかを入れて煮ること40分。
美味しい、たけのこの出来上がり♪

Sp1010097
筍ご飯ーvv

と言っても、こんぶと酒を入れて、焚いただけ(・・;)
味が薄いので、のりで巻いて食べました(笑)

Sp1010099
筍とわかめの筑前煮

味付けは、牡蠣じょうゆと、煮出し醤油が2:1ぐらい。
煮出し醤油は、友達が伝授してくれたレシピで作ってます。
(だし、みりんor砂糖、酒、ダシ昆布)

筍のさしみは、甘くて美味しかったなぁ。
クセになりそうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

検査

扁桃腺とリンパが腫れたので、水曜日に病院へ行ってきました。
(今週はグダグダでした(-。-;)

今日は、検査結果のために、再び病院へ。
(2時間も待たされたよー(+_+)

まぁ、特に心配ないだろう、ということです。
ほんのり貧血気味らしい…。
微熱が下がらない、と伝えたところ。
X線に、白い影が写ってたので、念のために、別の検査もしましょう、とのこと。

今月のバイト代、検査代で消えちゃいそう(・・;)
まぁ、安心薬だと思えば、良いかー。

■ミジンコ 静かなる宇宙■
思わず買ってしまったDVD。
ジャズ音楽をバックに、ミジンコが踊ったりしてます(笑)
ほんのり説教くさい、坂田明のアヤシイ解説は鼻につくけど。
それを差し引いても面白いDVDでした。

ミジンコって、すばらしい~。
まさしく、生命の神秘なのです。
ミジンコの本も出てるんだよね…ついでに読んでみようかしらん(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ブロークバック・マウンテン

21世紀最高の、恋愛映画(男同士)を見て参りました。

切なくて、哀しい結末でしたけれども。
とても良い作品でした。

激しくて熱い熱い恋。
友情以上、恋人以上の2人の想いに。
胸がドーンと滝のように打たれ。
感動のあまり、帰り道は記憶が飛んでおりました。

公式HPはコチラ

周囲からは許されない、禁断の恋。
当時のアメリカでは、同性愛は死に値する罪だったのですね。

それゆえに切ない!

激しすぎる感情、行き場を無くした想い。
哀しい結末だったけれども。
これでようやく。
2人は永遠に結ばれたのだ、と思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

オケの音

練習に行ってきました。
朝は分奏、お昼からは、通しのでの練習でした。
(フィガロと、シューマン)

ああ、やっぱり通すと違う。臨場感とか迫力とか。
オーケストラだなぁ、と思いました。

普段、こんなに長い時間、ヴァイオリンを構えていることってないので。
通し練習を2曲分だけで、手もしびれて、限界。

ううむ、これはキツイー(><)
全曲を演奏するのは、やはり無理そうです。

フィガロは、予期せぬスピードでした。
今のままでは、弾くのは不可能なりよ~☆

アントニオくん、コマが高くて、押さえにくいことが判明。
このままだと、また手を痛めそうです。
今の調整家は、高いコマにこだわってる方なので。
違う人を捜すしかなさそう。

…ううむ、気が遠くなってきました。
ああ、疲れたー。
(私は慢性疲労症候群だから…て、オチ??)

あまり、考えたくはないし、割り切るしかないのだけど。
プログラム前半しか出られないとか。
すぐ、筋肉に疲労が溜まって動きが鈍くなるとか。
やっぱり、病気だなぁって実感してしまうのです。
まあ、自分なりに、頑張るさ~。

シューマンを弾いてる時、ほんのちょっぴりだけど。
合奏の楽しさ、みたいなものをつかめた気がします(*^^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

フィガロの結婚式

明日はオケの練習。(実は合宿でした(・・;)

「フィガロの結婚式」の序曲もやるのですけど。
今週に入ってから弾き始めたので。
明日はついていけるかどうか、不安です。

MDで持ってるのは、スピードがすごく早いのです。
あんな早さで演奏しろって言われたら───

絶対に無理!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

やばい

危惧していたことが起きてしまったぞ。
予感が、見事に的中しちゃいました…(+_+)

うーん、どうなるのかなぁ。
とりあえず、バイト仲間の女の子と結託して。
「やめるな」コールを送り続けるしかなさそう。

話の合う人なので、居なくなると淋しくなるのですー。

私は…。
労働条件は悪いけど、とりあえず続けるしかないのでした☆
女の子に「Kさんは、癒し系ですねー」って言われました。
喜んでおこう(笑)

所長さんの顔、グロッキーでこわかった。
ううむ、大丈夫かなぁ…(・・;)

自分の旦那さんも、心配なり。
今月は、毎晩10時過ぎての帰宅が多いです。
いろいろ忙しいみたい。
なぜに、これほど仕事に追い詰められなきゃいけないのかな。

哀しきサラリーマンよ~♪(何の歌??)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ビスターリー

今日は、在宅ワーカーの方の集まりに、お邪魔しました。
自立してお仕事されてるので、とてもアクティブな方ばかりでした。
最初から企画を立てていく、という作業は面白いですね。
無知ですし、あまり役に立てないかと思いますが、自分なりに出来る範囲で関わることが出来れば、と思います。

ネットの世界って、よくわかってない部分も、まだまだ多い(・・;)
アナログ人間なので、時間の感覚ものんびり~なのです。

仕事のことも含めて、ちゃんと勉強しなきゃなぁ。
自分以外に、PCのことがわかる人が居ないっていう。
とても、いい加減な職場環境。
知識もないのに任される、という、一種のこわさ(-。-;)
それでも、仕事って回ってしまうところが、不思議だったりする(笑)
コピー機の使い方だけは、極めつつあるぞ☆

最近は、バタバタし過ぎて、余裕のない空気がただよってます。
そのうち、誰か切れるか、倒れるか、しそうなり。

自分自身も…この時期は1番やばいのです。
旦那さんとケンカしたり、心配かけたり…いろいろ起きるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

未来少年コナン

土曜日の早朝に、再(再再再再???)放送が始まりました。
無事に録画出来てるかしらん?と思って見始めると、止まらなくなってしまいました。
ああ、面白い~!

私にとって〝コナン〟といえば、やっぱり「未来少年~」かな。
名探偵~も、もちろんアリだけど。

名作は、時間が経っても、色あせないのだなぁ。
これから、毎週が楽しみなのです(*^^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

練習~♪

昨日は、朝から夕方まで、みっちり練習。
おばあちゃんの誕生日祝いを兼ねて、老人ホームコンサートを行うことになりました。

ホームでのコンサートって、何だか久しぶり。
以前は、合奏団でいろんな所に行って演奏したけれども。

親戚が集まって楽器を演奏、というのも、久しぶり。
子供の頃は、譜面も読めないうちから、リコーダー合奏にかり出されたりして。
半泣きになりながら、必死で吹いてたものです(笑)

今回、リコーダーは1曲だけ。
あとは、ヴァイオリン…と、ピアノ伴奏。
叔父さんがチェロで「トロイメライ」を弾くのです。
足を引っ張らないように、ピアノの練習もしなきゃ☆

最近は、コンサート続きで、多忙だなぁ。
月1ペースになっちゃってマス(・・;)

ヘロヘロしつつ、何とか崖から落ちずに踏ん張ってる状態。
しかし、どうにも、人付き合いが、悪くなっちゃってます(汗)

私ってば、基本的に愛想がないからなぁ。
人淋しく感じる時でも、滅多に電話とかしないもん。
…ごめんね。(誰に謝ってるんだ??)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

英会話

NHK教育の「3ヶ月トピック英会話」
昨夜から始まりましたね。
うん、これなら続けられそうです。
番組の最後に、栗原はるみさんの、レシピが出てくるのも嬉しい♪

昨晩に放映されていた、NHKのプロフェッショナル。
ジブリの名プロデューサー、鈴木敏夫さんが取り扱われてました。
大勢の人と、お金を動かすのは、力ではなく、心と熱意、なのだな、と思いました。
ジブリを大きくしたのは、鈴木プロデューサーの手腕があるから、と言われてますけれども。
宮崎監督と二人三脚で、ここまで来られたのでしょうね。
昔、宮さんとケンカしたこともある…と、苦い顔をしてお話する姿も。
新人のシナリオライターに、厳しく指導する姿も。
仕事をする男の、魅力に溢れてました。

時代が読めなくなった時、時代に沿ったものが作れなくなった時。
それが、自分の引退の時だ、とおっしゃってましたけれども。
まだまだ、現役で、元気でいて欲しいです。

ここで、鈴木プロデューサーの新作語りが載ってます。
なかなか、宮さんは頑固一徹のお方のよう。
心中は複雑なのは、今でも現役だからだろうな、と思いました。
本心では、ご自分がやりたかったのかもしれません。

「ゲド戦記」は、現代を描いた作品なのだな、と改めて感じます。
昨日から、最終巻を読み始めたところ。
グイグイと、物語に引き込まれてゆきます。

早く読んでしまいたいような、ゆっくりと味わいたいような。
読み終わってしまったら、淋しいだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ファンタジー

「ナルニア国物語」結局、観られておりません。
時間もなかったのですけど、正直、指輪物語ほど触手が動かなかった。
とりあえず、原作をちゃんと読み直したいです。

それよりも、今の私の頭の中は「ゲド戦記」一色!
4巻の途中まで読み進みました。
(今夜中に、全部読んじゃうのです)

かなり、ダークなファンタジーで、これは女性の感性だな、とも思います。
今の世界に近い、ダークさを感じて、ゾッとします。
自分の中にも潜んでいるであろう〝影〟
人間は、一生、そうしたものと戦い続けるんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

新しいことを始めたくなる季節

ヴァイオリンの発表会、失敗に終わりました(T_T)
曲の途中で止まってしまい、キリの良い所から弾き直しました。
昔、運動会の徒競走で、こけた時のことを思い出しました(笑)

かなり落ち込んでしまいましたが、まぁ仕方ないかなぁ。
今回は、準備も遅かったし、コンサートの2週間後ということで、気持ちも体も、発表会モードに成り切れなかったし…。

1曲目は、毎度のごとくに〝絶対に間違えない曲〟をやりました。
(ファーストポジションだけの、簡単な曲)
安心剤です。
そうじゃないと、人前で弾けないのです。
あまり、ソロでやるのは、好きじゃないのかもしれない。
向いてないし。

ヴィオラ・ダ・ガンバ、本気でやってみようかしらん。
自分には、すごく向いてるポジションの楽器のような気がする。
でも、古楽は、しっかり勉強しないと出来ないからなぁ。

発表会は、急成長をしてる子供がいました。
8年前は、ちーっちゃい幼児だった子が、もはや中学生。
すごく上手くなってて、ビックリしました。
やっぱり、子供の成長は早いなぁ。
同じ8年でも、密度が全然違うのです。

大人になってから、同じ時期に始めた方がいます。
同じように、旦那さんに伴奏をしてもらってます。
昼食をご一緒して、4人でいろんな話をして、面白かった(*^^*)
夫婦のカタチも、音楽のカタチも…それぞれ~だなぁ、うん。

発表会の余韻に浸ってるヒマもなく、次は、老人ホームのコンサートの練習が、土曜日にあります。
本番は、4月末になります。
祖母の誕生日に合わせての企画。
気楽に楽しんでもらえるようなコンサートになればいいかなぁ。
まあ、こっちは、気楽~にやります。

新学期の季節なので、何か新しいことをやろうと思って。
NHK英会話のテキストを買ってきました。
週に1回、20分の番組。
スタンスもペースも自分に合ってるし、これなら続けられそうv

ぼちぼちと、カメだけど。
後退だけはしないように☆

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

いよいよ、明日

明日は、ヴァイオリンの発表会。
毎年、この時期は、情緒不安定~&体調最悪~。
弾き終わった後、完全に腑抜け状態になっちゃってます。

今年こそ、万全の体調で望みたかったのに。
どうも、風邪をひいてしまったようです。
バカバカ~(+_+)
熱はずっとあるので、相変わらず引かないなぁ、仕方ないなぁ、程度だったのですけど。
お腹が壊れてて、鼻がズビズビ出るので、どうも違うなぁ、と。

何か行事があったり、肝心な時に、必ずと言っていいほど、調子を崩します。
まるで、子供のようです…笑。

落ち着いたら、病院へ行ったほうがいいかなぁ。
でも、一度行ってしまうと、ホントの「病人」になってしまうようで、コワイのであった。
(自分では、病人だという自覚はないもん☆)

発表会の曲、この一週間で、少しマシに弾けるようになりました。
本番で成功しなきゃ、意味はないんだけど。
ボーイングのやり方を少し変えて、左手のビブラートは、必要な箇所だけにしました。
ビブラートが苦手なので、左手ばかりに集中すると、右手の方がおろそかになってしまうのです。

音程ばっかり気にしてると、気持ちが入らない。
でも、音痴すぎると、ホントに下手な演奏にしか聞こえない。
音程と気持ち、どっちを優先すればいいのだろう?

少しでも、楽しんで演奏が出来ますように…。

夕方から、中学時代の友達の同窓会があります。
子供だけでも7人。
しんどいだなんて、言ってらんないぞー☆
こたつを貸して~との要請がきたので、今から準備&お掃除なりよ。

ワタワタッ☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »