« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月

避暑地~♪

黒姫にある、親戚のおじさんの別荘へ行ってきました。
ひたすら、のんびり~♪
森林浴たっぷりしてきました。
旦那さんにとっても、良いリフレッシュになったようで良かった(*^^*)

私は、SMAPライブ前、寝込んでしまうぐらいにヒートアップしちゃいました…(バカです)
何とかヨロヨロとライブへ行きました。
なんかね、テンション変だったの。テロテグッズの作り過ぎ、ともいふ(・・;)
まぁおかげさまで、ようやく元気と平常心を取り戻しました(笑)

ライブは、ただただ楽しかったです。
生のキムタクは、TVよりも格好良かった。ホンモノってすごいね。
中居くんは、とても素敵でした♪渋くて格好良かった。
でも、笑顔が1番だなぁと、ファンは思うのであった。
こっそりとレポ書いてるので…スペアーなお時間のある方はドーゾ☆

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

イベント

大阪のイベント、そして神戸のライブイベントに行きました。
イベントのハシゴは、さすがに疲れます~(+_+)

「ガガガSP」「ソウル・フラワー・モノノケ・サミット」を生で聴けるなんて!(それも無料で!)
素敵なイベントでした♪(ちゃんと、チャリニティに参加したけど)
ガガガは、トリだったのですが、大盛り上がりでした♪

生のライブって、やっぱ楽しいですねーv

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ハチミツとクローバー8巻

ハチミツとクローバー(羽海野チカ/集英社)

切ない作品だなぁ、と改めて思った。
幸せをつかむためには、心に血を流して、いっぱい泣いて、ジタバタして…。
傷つくことを恐れていたら、何も得ることは出来やしない。

自分の足で歩くこと。
自分のスピードで歩くこと。
見える景色は、人それぞれなのだろう。

あんな風な恋は、もう出来ないだろうな。
現実なんてのは、あまり面白くない。
日々の小さな葛藤は、ずっと続いてゆきます。
まぁ、そんなものなのだろうな、とも思う。

恋なんて、まっぴらごめんだ!という恋も(とりあえずは)1度だけ経験したけれど。
やっぱり二度とごめんだ、と思うのでした(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

愛知博

日帰りの強行軍で、愛知まで行ってまいりました。
(往復バス使用なり~)

時間がなかったので、企業パビリオンはオールスルー。
人の少ない所を選びました。

・インド館(独特なお香の匂いが漂ってました)
・ネパール館(昼食に食べたカレー、美味しかった♪)

・サツキとメイの家(外から見ただけ。ようわからん(・・;)

・イタリア館(メインのサテュロスが見られて良かったー(*^^*)
・北欧館(中で食したケーキが美味なり。買って帰りましたv)
・アイルランド館(遺跡もどきの小さい館でした)

…雰囲気を味わえただけでも良かったかなー。
それにしても、暑かった…。
(霧状のお水があちこちで出ていたのは、ありがたかった)

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

合宿

毎年恒例の、合奏団の合宿に行ってきました。
今年は、温泉付き宿で、1泊2日。
なーんとも、濃い、贅沢な…そしてハードな2日間でした。

10月のコンサートに向けての練習、なんとかカタチになって良かったです(*^^*)
久しぶりにリコーダーを吹いたら、指が動かなくなっていて焦りました。
ああ…日頃は全然やってないからなぁ。
このままでは、イカンイカン☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

メモ

■最近見た、DVD
「パニョールおじさん」(仏)…監督兼主演のジェラール・ジュニョの、ちょっととぼけた感じが、良いです(*^^*)
「クジラ島の少女」(ニュージーランド)…勝ち気な少女の不思議な物語。
アカデミー賞でケイシャ・キャッスル=ヒューズが着ていた水色のドレス、可愛かった♪
(スターウォーズⅢにも出ているらしい)

■コンサート
「星空コンサート」モーツアルト三昧でした。
・交響曲ニ長調 KV196/121
・ヴァイオリン協奏曲 イ長調 「トルコ風」 KV219
・ディヴェルティメント 二長調 KV251
アンコール
・ディヴェルティメント 17番 メヌエット(…だったハズ(・・;)

「トルコ風」は、コントラバスで馬のムチの音が表現されていて、面白かったです。
19歳のソリスト、瀧村依里さんの演奏は、すごかった…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

花火

昨日は、地元の花火大会に行ってきましたー(*^^*)
(大阪まで、ヴァイオリンを見に行った帰りに寄りました)
やっぱり、目の前でどか~んとあがる花火を見るのは、迫力があって楽しいねぇ♪

少しばかり耳が慣れてしまったのか、○○○万円のヴァイオリンを弾いても以前ほど感動しなくなっちゃった。
別の意味で、おそろしいことになってます。
試奏している間は、とっても幸せなんです。
でも、冷やかしで行ってますからー残念!(友人は、ほんのり本気…?)
彼女は1ヶ月後に発表会を控えていて、バリバリやってるようです。
すごいなぁ。ホントに頑張っててえらいです。(見習わねば!)

今日、アントニオ君を弾いていて、叩き割ってしまいたくなっちゃいました。切腹!!
(なんで今さら、ギター侍やねん#)
いくらメンテしても、ハイポジの音はやはり出ない。
いくら練習しても、ヴァイオリンの音が出てくれない。

アントニオへの愛情が薄れつつある今が正念場なのかもしれない。
10年は弾こうと思ってるので、出来る範囲で可愛がってあげるつもりです…ごめんよ。
明日はレッスンだし、仲良くしようね…(T_T)

明日は、琵琶湖まで花火見てきまーす。
姉の家に泊めてもらうのよさ~♪

マンガ…は、まだトーンとセリフが残ってます。
今日は頑張ったつもりなのに、進んでない気が??

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

終わらない

オーストラリア人の友人から、すぐさま長文メールが来ました。
最近は手抜きをして、翻訳サイトに頼ってます…あうう。
テロのことやら、いろいろ書いてありました。
意識がね、やっぱ違うんだろうね。

もっと、国際的なことにも目を向けなきゃ…と思いつつも、今は目の前の白い原稿のことで必死なりよ(笑)
こんなに、だらだら描いてるのは初めてかも。
一応、ペン入れはほぼ終わったので、後はテキトーに(…おい#)トーンでごまかすのみ。
しかし、HI-TEC-Cで全部描いちゃうという技は、クセになりそうでやばい。
友達みたいに、しっかりペン入れ出来ないので、裏技使ってるのがバレバレ~☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きみに読む物語

近くのリバイバル上映専門の映画館に久々に行ってきました。
上映作品は「きみに読む物語」「タッチ・オブ・スパイス」

「きみに読む物語」(公式HP
アメリカ南部を舞台に繰り広げられる、恋物語。
ある意味で、究極のラブストーリー…かもしれません。
ラストでは、ダーダー泣いてしまいました。
あんな風に2人で最期を向かえられたら、幸せかもしれない。

劇的な展開(事故や病気を乗り越えて)というのではないけれども、人を好きになること、どうしようもない気持ち、深い絆───。
言葉で表現するのは難しいですが、そういった、永遠のテーマを、美しい映像で描いてる佳作です(*^^*)

「タッチ・オブ・スパイス」
ギリシャとトルコの複雑な歴史背景をバックに展開される映画。
国をまたいでの、アイデンティティ、民族、宗教の問題、葛藤は、日本人にはピンッとはきませんが、祖国を出られないおじいさんと、なかなか帰ることの出来なかった主人公が、哀しいなぁと思いました。
しっとりとした良い作品でした♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
オーストラリア人の友人(おじさん←笑)に、久々にメールを出しました。
長らくの間、返事を書きそびえてたのです。
理由の1つは、英語で書かないといけないので、語学力に自信のない自分にとっては、かなり負担ということ。
もう1つは、国際問題について問いかけがあったので、それについて答えなければならないという…これも、かなりの負担(+_+)

外国に少し行って思ったのは、日本という国について、あまりにきちんと認識されてないことが多いということ。
同時に、きちんと説明出来るほど、自分も日本についてわかってないことにも気付いて、ショックでしたけれども…。
文化や政治について、本当に無知です…反省。

その国では、日本のイメージは「腹切りーっ」&「TOYOTA」でした…(・・;)

もっと、文化交流が盛んになればいいのに、と思います。
アジア諸国でも、日本の映画やドラマをもっと放映すればいいのに。
(「おしん」止まりになっちゃってるようです)

映画の力って大きいと思うんです。
国を越えて、ダイレクトに伝わってくるものだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

同窓会

中学時代の部活メンバーと、バーベキューをしました。
大人9人、子供7人。総勢16人。
うわー、にぎやかだー(゜。゜)

このメンツとは、年に1~2回会ってます。
メールする時も用件のみ!という、さすがは元体育会系。
超シンプルなおつき合いなりよ♪(笑)

みんなね、もう毎日の生活で必死。
子供が4人いる友達なんか、洗濯だけで1日が終わっちゃうらしい。

子供って生命力にあふれてて、すごいなーって思う。
お母さんは、ホントに大変だけど(・・;)

今年結婚する友達がいて、帰りに車中で久々にしゃべりました。
私の過去から現在まで全て知っている、唯一の友人(笑)

中学時代って、思いっきりはっちゃけてました。
モロ体育会系キャラで、男子を下敷きで殴ったり…(爆)
やたらめったら元気でした。

今は大人しい気弱キャラになってるけど、中学時代の友人と会ってる間は、過去の自分が復活してきて、言葉も汚くなっちゃいます。
声も低いし、関西弁だし、イメージが違いすぎて、引かれそう(・・;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »