ときめき不足

掌が奥がじんっとするような。

最近、そういう、ときめきが、ないのです。

仏像は好き。
仏画も好き。
水墨画も浮世絵も好き。

存在感に圧倒される作品と出会うと。
頭の奥が、ブルブル震える感じになります。

先日、国宝展におもむき。
しかと味わうことができて、幸せだったのです。


しかし。
もっと、私的なツボ。

手中に収まるような小さな種は、育たない。
うーん、エネルギー不足なのかも。


それはともかく。
国宝展では、清涼寺の釈迦如来が拝めて嬉しかった。
(180度なめるように見ました)
昨年寺で拝観してから、阿修羅と同じぐらい好きになった仏像なり。

元祖、風神雷神も良かったなぁ。
雰囲気が柔らかい。

雪舟の水墨画は迫力があり、こわいぐらい。

なんとも贅沢な空間でした。
近かったら…すいてたら…体力が回復したら…。

もう一度ぐらい行きたいよー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ひがんばな

1週間前の風景です。

Dscn1187

(今頃はチリチリになっとります)

彼岸花は、咲くまではただの『茎』状態。
ぱぁっと開くと、ものすごく華やかできれいです。

Dscn1189
こういう風景は、都会育ちだけれども、ホッとする。


Dscn1196
コラボ




とある寺へ行こうとしたら。

山の中へ迷い込んでしまった。


Dscn1191

きゃ~。
ヘンなものに遭遇しちゃったsign03






無事に脱出して太陽をおがめて、良かった。


Dscn1193
(ちょい加工)


秋は雲がきれいです。
中秋の名月と雲のコラボは素敵でしたnote
(見惚れてて、写真ないぴょん)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ばべる

やっと観てきました。

Dscn1178_2



緻密すぎて肉眼でもわからない。

とにかくもう、本物はすごかったです。

むかーし、ウィーンを訪れたとき、2作のバベルと出会いました。
当時は絵画鑑賞力があまりなかったので。
もう一度出会えて、じっくり鑑賞出来て幸せ。

暴風警報のおかげ?で、午前中に閉館。
ギリギリまで塔の前に居座っておりました。

私と同様、しつこく睨んでる人が数人。
吸い込まれるように、じーっと眺めておりました。



まだ晴れてるけど、どこか不穏なお空。
Dscn1176_2




ついでに、お隣の科学館へ。

プラネタリウムの椅子のリラクゼーション、史上最高なり。

お月さまがテーマで、面白かったshine
(月とうさぎは永遠に描きたい)

土星を探索していたCassiniが13年のMisshonを終えて。
大気圏に突入して散っていったそう。
ナサのHPで、土星の画像が公開されてます。
輪っかが理路整然と美しい。

Pia21345


プラネタリウムに行くと、星座に詳しくなったと錯覚します。
すぐに、どれが何だか不明になるのです。


久しぶりに、大きな本屋にも寄って。
欲しかった絵本がありました。

台風に追いかけられてドキドキしつつ。
まぁ良い1日でしたconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

関西こみてぃあ

初めて、はじっこのスペース。

1年前に描いたマンガの、初売りになるので。
ポスター飾ろうかなぁshine

大した準備は出来なさそうだけど。
楽しもう、うん。


お月さまを見ると、父を思い出す。

もうすぐ3回忌。

色々ありすぎて、もっと前のような気もします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

おかね

かくたみつよさんのお金にまつわるエッセイを読んだ。

どういう風な使い方をするかによって、人生が決まるという一文に、納得。
費やしたお金や労力や時間は、その人を創ってると思う。

父のアトリエには、当時最高級のアンプとステレオ。
そしてレコードプレーヤーがある。
先日、アンプを作成したという父の知人にレコードのかけかたを教えてもらい、1年9カ月ぶりに鳴らせた。
確か、そのプレーヤーは世界で数十点ほどの限定品だった。
直にモーターがなく揺れを最小限に抑える構造。

美術本、レコード、文学全集、楽譜、楽器…旅行、食、酒、たばこ。
コンサート、展覧会、そして個展開催費。

稼いだ分きれいに使いきって父はいなくなった。
見事なものだなぁと思う。

さて、私といえば。
今もってるので一番高いものは、ヴァイオリン。
レッスン代を捻出するのを目標にずっと働いてる気がする。

楽器代は35万円(…20年前購入、親に無利子ローンにて完済)
弓代は15万円(…しばらく値札を貼ってた)
ケース代、まつやに代5万円。

弓の毛替え、2年に1回で1万円。
弦を一式、1年に1回ほど替えて8000円。

レッスン代、発表会代、年間で6~10万ほど。

メンテナンス楽譜もろもろ…20年でトータル250万円ほど。
(多いのかそうでもないのか)

あと、リコーダー代、3本で20万円。
合奏団の活動費、年間10万円。

昔買ったCD代…1000枚×2000円ぐらい。

コンサート、最近は母が誘ってくれるので、おごってくれる。
私が誘ったり買ったりしても、年3万円ほど。

ヴァイオリンの先生は良心的で、レッスン代は20年間ずっと同じ。
たまに、お茶やお菓子までついてきて、プログラム作成のお礼にと、うさぎ雑貨まで下さる。

合奏団は、楽譜代がかからない。
(耳コピーで手書きのものが配られる)
その人はコピー代を受け取ろうとしない。

リコーダーは3本とも父がプレゼントしてくれました。
メンテナンス代はかからない。

うーむ、いろいろ恵まれ過ぎてる気がしてきた。

自ら費やしてるかどうかともかく、費やされてはいる。
音楽が続けられる環境に、感謝なのです。


簡単な家計簿はずっとつけてる。
40代になって、基礎化粧品代が増えた。
ワイン代だけは別枠で記帳すらしてません。(気にしない)

生活費ギリギリでも、基本どんぶりっ。
マイナスじゃないなら、大丈夫でせう~。

祖父が財産をのこしてくれてるので。
ちゃんと、母も生きていけるのです。

やっぱり、父は、おおらかな芸術家だったかな。
あこがれつつ…私は、せこせこ生きるしかない(結論)




年代別に、何に使ってきたのか棚卸し。

10代…マンガ、お菓子
20代…CD、本、映画、音楽
30代…音楽、本
40代…お酒、芸術鑑賞、基礎化粧品

…結局、うっすらと父をなぞってたりする?
高級オーディオセットは無理だけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

はたち

もうすぐ、ヴァイオリンのアントニオと出会って20年。

いろいろボロボロになってきたので。
はたちのお祝いに「肩当て」をプレゼント。
1時間ほど弾いてるうちに、アントニオは軽快に鳴りましたconfident

ケースは新調せずに、バロックヴァイオリンのものを使用。
バロック君はほったらかしにし過ぎて、弦も弓の毛も切れてました。

楽器は使わずにいると、ダメになります。
そして、下手になるのは早いったら。

別に人前で演奏しなくてもいい。
音楽を楽しめてたら、それでいいの。

ピアノがないからヴァイオリン弾いてるの。
それだけなの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

おもい

どうにも、ずーっしり体が重たい。
(季節がらもあるでせう)

まだまだ山谷あるなぁ。
仕方ないぴょん。

久しぶりに公園を散歩。
今年のアジサイはちょっと遅め。

かれいなる一族を読破。
読み応えたっぷり…疲れた~。

森えとさんの小説を、図書館でかりてる。
好きなテイストです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

かれいなる

一族、をのろのろ読んでおります。
(どろどろだわ~)

以前にドラマをやってましたね。

その時に、感じた大きな違和感。

彼は絶対に、自ら死を選ぶことはない。
(良い意味で)
大切な家族を残して1人でいくことはない。

そして。
たぶん、リーダーなら、選ぶ可能性がある。
あたるが自らトリガーを引いても、違和感はなかった。

でも、彼は周りから強く守られ求められてる。
誰よりも優しい、器の大きな人だもの。

弾を抜いてあげたのは、メンバーだと思う。

大丈夫だと信じるしかないのです。

弱いファンで、落ち込んでるだけで…ごめんなさい。
報道は完全拒絶。(とらうま)
メンバーの肉声と表情だけは、ちゃんと見てきたよ。
そこにしか、真実はないから。

山崎とよこの小説を読んでると、欲望まみれの社会構造をひしっと感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

まんぽけい

新しい職場で働き始めて、はや2週間。
(まだまだ慣れない…ぐったり気味sweat01

お昼外出ないし、歩く距離が減ってしまった。
母から、万歩計をもらったので、意識して歩くべし。
歩数と歩幅で、日本地図文の距離を歩くゲーム付き。

昨日は1万歩。
今日は6000歩…(遠い駅を利用なり)
自分的には、かなり少ない。

前の職場だったら、1年で日本一周出来たかも。
(多い日は5km以上いってました)→銀行2往復とか

足がパンパンに張ってます。
さて、お風呂でほぐすべしshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ばーすの背番号

あぁ、また1つ年を食ってしまった…。

普段は手の出せない高めのケーキを買って帰り、とてもお腹がすいてたので、パクパクと食べてしまった。(美味しさ100倍!!)

明日は、ヴァイオリンの発表会なのです。
先生と二重奏を演奏。

いつも、リハ中泣きそうになる…(実際に涙が)

20年近く習ってるのに、相変わらず下手っぴなのです。

それにもう、色々と起こり過ぎて。
楽器を続けられていることも、こうして生きていることすら、奇跡的。

あぁ、イヤだイヤだと、ジタバタしつつ。
明日の本番、舞台に立たねばならない。

毎回のように、先生に励まされながら…。
先生でなかったら、とても続けられてません。

さて、天国の父は「今年も落ちなかった(ちゃんと出た)な…」と言ってくれるでしょうか。

唯一の誉め言葉でしたねconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

«すますて